*

5月病はなぜ起きる?

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , , ,

5月に関係する病気「5月病」について解説したいと思います。5月病というのは、新年度に新しい環境に身を置いたものがその環境に適応出来ずにうつ状態になったり適応障害の症状になったりする事をいいます。

新しい環境に身を置く人たちというのは、まず新○○とつく人たちですね。例えば、新社会人や新入生などです。その他に、転勤で新しい土地での生活が始まった人たちなどです。とくに、新社会人になり親元を離れ、遠くで一人暮らしをする人は、5月病になりやすいのではないかと思います。

5月病になるのは、大体、ゴールデンウィーク明けからが多いです。GWで親元に帰ったり、大型連休でその環境から離れてみて、やる気が起きなくなったり疲れがどっと出たり、、、

5月病の症状としては、うつ状態の他に何にでもやる気がでなかったり、不安や焦りがあったり、不眠に悩まされたりします。食欲が出ず、人と話すのも嫌という人もいます。

5月病の改善方法としては、「頑張り過ぎない」です。新しい環境に慣れようと無理に合わせる必要は全くありません。何事も程程にするのが良いです。あと、「自分の好きな事をする」のもおすすめです。仕事や学校以外の趣味で楽しめる事をみつける。そんなこんなしているうちに5月は通り過ぎていきます。嫌だなぁと思っているうちに、夏がきて秋がきて冬がきて、、、あっという間にお正月です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男性がとくに弱まってくるのは、生

記事を読む

no image

首の寝違えの原因と治し方

首の寝違えが中々治らない・・・2日目。 昨日の朝、起きたら首が痛くてどうやら寝違えたようです。 寝

記事を読む

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000人程がかかり3000人以上の人

記事を読む

no image

仮性包茎は健康保険の適用外?

男性の下半身の悩みで多いといえば、包茎です。 包茎に悩む男性は、非常に多いですが、手術をすれば治る

記事を読む

no image

レーシック手術の被害とは?

生活習慣病の予防とはちょっと違うかもしれませんが、目に関するニュースの中で紹介したいものがあります。

記事を読む

no image

敗血症の症状と治療法

みなさんのまだ名前も知らない病気が多くあります。 敗血症って聞いたことがあるでしょうか・・・。

記事を読む

no image

高血圧の治療薬「ディオバン」の改ざん

高血圧の治療薬が改ざんされていた事件、厚生労働省が告発に踏み切ったようですね。これって、かなり問題の

記事を読む

no image

おしっこの悩みは男女で違う

介護している中で大変なのが、排泄です。排泄はうんちだけでなく、おしっこの問題も・・・。ところで、男性

記事を読む

no image

男性の基礎代謝量

基礎代謝量って皆さんご存知でしょうか。分かり易く言えば何もしないでじっとしているだけでも生命の一時の

記事を読む

気管支サーモプラスティがある病院!治療法と保険適応の有無について

ぜんそくの発作で亡くなる患者さんは毎年全国で1500人近くもいます。 ぜんそくの発作が起こると

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑