*

冬のお風呂で心筋梗塞?動脈硬化?入浴中に気をつけたいこと

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

冬場、自宅にいる時に気をつけたい事として、お風呂場での事故があります。お風呂場の事故というのは、転んだりとかではなく、お風呂に入る前と入浴中、そしてお風呂から上がった後の体温の差で、心疾患や血管の病気などを引き起こします。体温というか血圧がまわりの温度に合わせようと急低下や急上昇をしてしまい、心臓や血管に大きな負担を掛けてしまうのです。

お風呂での事故は、実は交通事故よりも多いのです。お風呂が原因で亡くなった人の数は、年間1万4千人を数えます。とくに高齢者は気をつけましょう。若い方でも油断は禁物、熱いお湯が好きな方は要注意ですよ。

そこで、冬場のお風呂での対策をいくつか紹介しますね。

・お風呂のふたを開けて蒸気で浴室を温める
・脱衣所をオイルヒーターなどで暖房する
・熱いお湯にいきなり入らない
・入浴前後に水分をとる

お風呂の温度の適温は、38℃?41℃とされています。ただ、冬場はやっぱり暖かいお風呂に入りたいと思いますよね。この温度ではぬるいと感じる方は、熱いお湯に入ってもいいので、手足から徐々に馴らしていくか、全身浴を長い時間しない、半身浴をするなどがいいと思います。

あとは、当然ですが、食事後すぐの入浴やお酒を飲んだあと、運動後すぐに入浴は絶対に避けましょう。体温や血圧が落ち着いているときに入浴する事が大切です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

人食いバクテリアとはどんな恐ろしい病気なのか?

年末に「人食いバクテリア」が流行っているので注意するようにというニュースをみました。 病名を聞くと

記事を読む

no image

高血圧の数値基準とは

高血圧であるかどうかは収縮期血圧と拡張期血圧の値から判定されます。収縮期血圧とは、俗に言う「血圧の上

記事を読む

no image

スマホ老眼と本当の老眼を間違えないで

スマホの普及率はここ数年で更に増えているそうです。若者だけでなく高齢者もスマホ持っている人、本当に多

記事を読む

no image

花粉症と風邪の違い

花粉症の症状は風邪と似ています。「ん、風邪かなぁ?」と思っていたら熱が出ない。個人的には、花粉症と風

記事を読む

no image

高血圧性心疾患とは

高血圧である状態が長年続くと、血液を送り出している心臓には大きな負担が掛かり続けることになります。そ

記事を読む

no image

メタボの特定健診

地元の自治体から発行されている健康手帳に、メタボについて色々と参考になる事柄があったのでここで紹介し

記事を読む

no image

花粉症が起きるメカニズム

花粉症はどうして起きてしまうのか?花粉症が起きてしまうメカニズムについて調べてみました。 ●花粉症

記事を読む

no image

アルコール依存症の症状

心の病気の種類について紹介しています。今回は、アルコール依存症についてです。どうしても心の病気という

記事を読む

no image

高血圧の症状って?

高血圧は、様々な病気を引き起こす原因となります。血圧が高い状態が長く続くと血管の内膜に小さな傷がつき

記事を読む

no image

ヒートショックに気をつけよう

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートス

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショート

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑