*

冬のお風呂で心筋梗塞?動脈硬化?入浴中に気をつけたいこと

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

冬場、自宅にいる時に気をつけたい事として、お風呂場での事故があります。お風呂場の事故というのは、転んだりとかではなく、お風呂に入る前と入浴中、そしてお風呂から上がった後の体温の差で、心疾患や血管の病気などを引き起こします。体温というか血圧がまわりの温度に合わせようと急低下や急上昇をしてしまい、心臓や血管に大きな負担を掛けてしまうのです。

お風呂での事故は、実は交通事故よりも多いのです。お風呂が原因で亡くなった人の数は、年間1万4千人を数えます。とくに高齢者は気をつけましょう。若い方でも油断は禁物、熱いお湯が好きな方は要注意ですよ。

そこで、冬場のお風呂での対策をいくつか紹介しますね。

・お風呂のふたを開けて蒸気で浴室を温める
・脱衣所をオイルヒーターなどで暖房する
・熱いお湯にいきなり入らない
・入浴前後に水分をとる

お風呂の温度の適温は、38℃?41℃とされています。ただ、冬場はやっぱり暖かいお風呂に入りたいと思いますよね。この温度ではぬるいと感じる方は、熱いお湯に入ってもいいので、手足から徐々に馴らしていくか、全身浴を長い時間しない、半身浴をするなどがいいと思います。

あとは、当然ですが、食事後すぐの入浴やお酒を飲んだあと、運動後すぐに入浴は絶対に避けましょう。体温や血圧が落ち着いているときに入浴する事が大切です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

ばい菌とウイルスと細菌の違いについて

最近、どうも気になって仕方がないことがあります。それは、ばい菌とウイルスと細菌ってどう違うんだろう?

記事を読む

no image

風邪薬を飲むタイミング

喉が痛くなったり腫れてきた時、咳やたんが出ている時、そして寒気や頭が痛い症状の時に、風邪を疑います。

記事を読む

no image

便秘薬の依存はこんなに怖い

便秘になるとすぐに便秘薬を使うという人がいます。だんだん便秘薬で便を出すというふうに移行する人が多く

記事を読む

no image

糖尿病の合併症について

健康を気にしている人なら誰でも知っている事だと思いますが、糖尿病はその病気自体が怖いのではなくて、糖

記事を読む

no image

高血圧の数値

血圧は循環器系の疾患に深く関係があります。心筋梗塞、狭心症、脳出血、脳卒中などの病気は高血圧の患者で

記事を読む

no image

心臓病の治療法

ポンプ機能によって前進に血液を送り出している心臓。心臓病にはいろいろな種類があり、それぞれ適切な治療

記事を読む

no image

低血圧の原因は?

低血圧症には明確な数値基準がないため、血圧が低いからと言って誰もが頭痛、めまい、食欲不振などといった

記事を読む

no image

男性の基礎代謝量

基礎代謝量って皆さんご存知でしょうか。分かり易く言えば何もしないでじっとしているだけでも生命の一時の

記事を読む

no image

インフルエンザに打ち勝つ免疫力

12月に入り初雪が降ったり寒い日が続いたりしてます。 ニュースでもインフルエンザが流行の兆しというの

記事を読む

歯の銀行(ティースバンク)の全国の連携病院と費用

人は歯を何らかの原因で歯を失った場合、それを補うために人工的なものに頼るしかありませんでした。

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

サントリーの胡麻麦茶はペプチドがたっぷり入った高血圧予防に最適な飲料

高血圧は様々な病気を引き起こす原因になり脳出血やくも膜下出血、脳梗塞な

歩きやすい靴の特徴とは?靴擦れせず疲れないサイズと靴底の選び方

田舎に住んでいるので歩くより車で移動したりする方が多いのですが、たまに

眼鏡とコンタクトレンズはどっちがいい?それぞれのメリットとデメリットで比較

近視を回復する方法としては、「眼鏡」「コンタクトレンズ」「レーシック手

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 200

老人性認知症はアルツハイマー型脳血管性が殆ど!その症状と改善法について

高齢者になると患いやすい病気について引き続き紹介したいと思いますが、今

→もっと見る

PAGE TOP ↑