*

冬のお風呂で心筋梗塞?動脈硬化?入浴中に気をつけたいこと

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

冬場、自宅にいる時に気をつけたい事として、お風呂場での事故があります。お風呂場の事故というのは、転んだりとかではなく、お風呂に入る前と入浴中、そしてお風呂から上がった後の体温の差で、心疾患や血管の病気などを引き起こします。体温というか血圧がまわりの温度に合わせようと急低下や急上昇をしてしまい、心臓や血管に大きな負担を掛けてしまうのです。

お風呂での事故は、実は交通事故よりも多いのです。お風呂が原因で亡くなった人の数は、年間1万4千人を数えます。とくに高齢者は気をつけましょう。若い方でも油断は禁物、熱いお湯が好きな方は要注意ですよ。

そこで、冬場のお風呂での対策をいくつか紹介しますね。

・お風呂のふたを開けて蒸気で浴室を温める
・脱衣所をオイルヒーターなどで暖房する
・熱いお湯にいきなり入らない
・入浴前後に水分をとる

お風呂の温度の適温は、38℃?41℃とされています。ただ、冬場はやっぱり暖かいお風呂に入りたいと思いますよね。この温度ではぬるいと感じる方は、熱いお湯に入ってもいいので、手足から徐々に馴らしていくか、全身浴を長い時間しない、半身浴をするなどがいいと思います。

あとは、当然ですが、食事後すぐの入浴やお酒を飲んだあと、運動後すぐに入浴は絶対に避けましょう。体温や血圧が落ち着いているときに入浴する事が大切です。

ab

関連記事

no image

2013年の先進医療の今

2013年もあと少し・・・2014年はどんな年になるのかなぁ? 話がいきなり変わりますが、2013

記事を読む

no image

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まら

記事を読む

no image

低血圧の数値

めまい、立ちくらみ、頭痛、不眠症、倦怠感、動機、食欲不振など様々な症状の原因となるのが低血圧です。し

記事を読む

no image

ヒートショックに気をつけよう

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつ

記事を読む

no image

心臓病の治療法

ポンプ機能によって前進に血液を送り出している心臓。心臓病にはいろいろな種類があり、それぞれ適切な治療

記事を読む

no image

解熱剤は危険?インフルエンザ脳症

毎年、冬になるとインフルエンザが流行り出します。 患者は子供やお年寄りだけでなく、病院の院内感染も

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

スマホ老眼と本当の老眼を間違えないで

スマホの普及率はここ数年で更に増えているそうです。若者だけでなく高齢者もスマホ持っている人、本当に多

記事を読む

no image

アルコール依存症の症状

心の病気の種類について紹介しています。今回は、アルコール依存症についてです。どうしても心の病気という

記事を読む

no image

高血圧の数値

血圧は循環器系の疾患に深く関係があります。心筋梗塞、狭心症、脳出血、脳卒中などの病気は高血圧の患者で

記事を読む

ab

ab

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが

頻尿に効果的な生姜について

生姜は頻尿に良いとされている成分配合されています。特に最近研究されて判

九重親方(千代の富士)の死因 すい臓がんの怖さ

九重親方が61歳の若さで亡くなりました。 九重親方は、元横綱の千

no image
手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていま

no image
中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男

→もっと見る

PAGE TOP ↑