*

被災地・宮城の犬の殺処分がゼロ

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 国・自治体の制度 , , , ,

先日、TVで報じていたのですが、宮城県の犬の殺処分が、ゼロだったそうです。毎年沢山の犬猫たちが持ち込まれるそうですが、動物管理センターが、動物たちの殺処分を減らすために譲渡会などを開いて、努力してきたそうです。ただ、犬は殺処分が無くなったとはいえ、猫はまだ・・・。

被災地では、ペットを飼う人たちが2倍とか増えているといいます。ペットの存在が癒しになりますし、そして何より元気を貰えます。あと、何かの本で読んだのですが、心臓疾患のある患者さんが猫?犬?などペットを飼い始めると、かなり改善するという結果があります。

今、ネットで探してみたらありました!

アメリカの研究で、ペットを飼うと心臓病発症のリスクを抑えられるとの論文を発表したそうです。ペットと暮らす事によって、血圧やコレステロール値が下がったり、ペットと触れ合う事でストレスが和らぐ効果があるそうです。

心臓病だからペットを飼うというのはアレですが、確かにペットの存在は、癒しになりますし、ストレスも和らげてくれそうですよね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

健康保険から葬式代を貰おう

今日は、高血圧の記事ではなく、寿命に関わる話・・・でもないかなぁ?死んだ後に貰えるお金について紹介し

記事を読む

no image

人間ドックの費用 助成金がでる?

雑誌を読んでいて、耳慣れない言葉を発見! それは、「人間ドック助成金」という制度です。医療制度だと

記事を読む

老人福祉法と老人ホームなど介護施設への入所措置について

高齢者の福祉に関する法律として、老人福祉法があります。 今日は老人福祉法について簡単ですが解説

記事を読む

配偶者の居住権は立ち退きを迫られても居座ることができる法律?

相続や不動産の所有権などについては民法と呼ばれる法律で規定されています。 国の法制審議会での議

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

皮膚科で急いで治療すべきイボは「尖圭コンジローマ」

最近、首筋に目立つとても小さなイボ(1~2㎜ぐらい)があるのですが、治

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

→もっと見る

PAGE TOP ↑