*

便秘にならない食事

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 健康のための食事法 , ,

便秘は健康にも美容にも良くないことばかりです。もちろん便秘だからといって、薬に頼ることほど怖いことはありません。そこで毎日の食事や運動はとても大切な便秘解消、便秘予防になります。

さて便秘にならないための毎日の食事について考えていきましょう。やはり基本は食物繊維をしっかり摂ることと腸内環境を良くすることです。この2つはもちろん関連もありますが、両面から考えていくことがベストではないでしょうか。

まず腸内環境を良くするためには、代謝をアップすることと善玉菌を多くしていくということです。善玉菌はオリゴ糖やヨーグルト、発酵食品などを意識的に摂ることがおすすめです。そして食物繊維は水溶性と不溶性があり、水溶性はキノコ、海藻、ぬるぬる野菜などで水に解けるとブルブルになります。そのまま腸内に入りそのまま出ていきます。つまり詰った便もつるりと出してくれるという作用があります。

便秘解消をしたいときは不溶性を多く摂る逆効果になることもあり、この水溶性の食品を多くとることです。また不溶性食物繊維というと、いわゆるいかにも繊維というイメージのゴボウやお芋などの筋をいいます。もちろん固いものでなくても特に野菜には多く含まれていますが、これは水にも解けず腸内ではタワシのように腸を掃除しながら刺激を与えてくれます。これらを上手に摂ることを意識した食事をすることが便秘予防になります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

認知症にエゴマ油!調理方法を気をつけないと無意味

何度かテレビや雑誌などで取り上げられている認知症に効果が期待されるというエゴマ油。エゴマ油は、認知症

記事を読む

no image

トクホのモニター募集 早いもの勝ち

トクホを御存じでしょうか? すっかり有名になりましたが、特定保健用食品と呼ばれるトクホのモニターを

記事を読む

no image

糖尿病予防のための塩分の目安は?

現代人はライフスタイルの変化、食生活の変化と共に現代病とも言われている生活習慣病がとても身近な存在に

記事を読む

no image

高血圧に良い食べ物。そして特保も。

高血圧に良い食べ物とは、血液をサラサラにしたり、血栓を溶かす効果のある食品のことです。また、コレステ

記事を読む

no image

病院食の種類について

病院食は通常の外食で食べる様な食事とは異なり様々な理由によって入院している患者一人一人の病状に合わせ

記事を読む

no image

野菜パウダーは青汁が苦手な人にもおすすめ

いま、健康や美容に野菜パウダーが人気あるみたいです。 随分前ですが、「あさチャン」でやってい

記事を読む

no image

病院食が美味しい理由 隠し味に八方だし

病院食って意外にだしが効いてて美味しいなと感じた事はありませんか。 実は病院食では八方だしというも

記事を読む

no image

病院食は減塩なのに味付けが濃い!?

病院食はかなり塩分を抑えているにもかかわらずしっかりと味がついているようなところもあり、「減塩してな

記事を読む

ロイテリ菌入りヨーグルトの効果とは?口臭や虫歯予防におすすめ

最近話題になっているのがロイテリ菌入りヨーグルトです。 ロイテリ菌入りヨーグルトには、どのよう

記事を読む

no image

生活習慣病にオススメのフルーツ「ラ・フランス」

秋に旬を迎えるフルーツといえば、ぶどうや梨や柿! その他、私の好物でもあるラ・フランス(洋ナシ)も

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑