*

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まらず頭がぼーっとして、育児にも支障をきたしてしまいますね。赤ちゃんとのいつものお散歩もつらくなってしまいそう。でも花粉症対策の市販の鼻炎薬は、効き目が強いものが多そうで、授乳中に飲むのは心配ですよね。

どんな薬でも共通していえることですが、できれば病院で授乳中でもOKなお薬を処方してもらうのが安心です。内服薬や、目薬、点鼻薬は処方してもらえます。市販の鼻炎薬に関しては絶対ダメというわけではないのですが、成分によっては母乳に影響が出るものもあります。自分で判断せず、こちらも医師に相談するほうが安全・安心です。薬を使う場合には、授乳時間をあけるようにしてください。

市販の鼻炎薬でも漢方薬などは大丈夫な薬に分類されますが、効き目が弱いのが問題ですね。授乳中は赤ちゃん優先で、ちょっと我慢も必要になりそうです。そのため薬以外の方法も組み合わせて、少しでも症状が軽減される工夫をしてみてください。

花粉症対策のお茶や、効果があるといわれるヨーグルトなどの食事関連、また空気清浄機や花粉がつきにくい洋服など、花粉対策グッズも進化してバリエーションも増えているので、チェックしてみてくださいね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか? 鼻炎ではないと思うので病院

記事を読む

no image

インフルエンザに打ち勝つ免疫力

12月に入り初雪が降ったり寒い日が続いたりしてます。 ニュースでもインフルエンザが流行の兆しというの

記事を読む

no image

ヒートショックに気をつけよう

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつ

記事を読む

no image

低血圧の原因は?

低血圧症には明確な数値基準がないため、血圧が低いからと言って誰もが頭痛、めまい、食欲不振などといった

記事を読む

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私は、仕事柄一日中パソコンやスマ

記事を読む

no image

5月病はなぜ起きる?

5月に関係する病気「5月病」について解説したいと思います。5月病というのは、新年度に新しい環境に身を

記事を読む

no image

レーシック手術の被害とは?

生活習慣病の予防とはちょっと違うかもしれませんが、目に関するニュースの中で紹介したいものがあります。

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

メタボの特定健診

地元の自治体から発行されている健康手帳に、メタボについて色々と参考になる事柄があったのでここで紹介し

記事を読む

no image

便秘薬の依存はこんなに怖い

便秘になるとすぐに便秘薬を使うという人がいます。だんだん便秘薬で便を出すというふうに移行する人が多く

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑