*

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まらず頭がぼーっとして、育児にも支障をきたしてしまいますね。赤ちゃんとのいつものお散歩もつらくなってしまいそう。でも花粉症対策の市販の鼻炎薬は、効き目が強いものが多そうで、授乳中に飲むのは心配ですよね。

どんな薬でも共通していえることですが、できれば病院で授乳中でもOKなお薬を処方してもらうのが安心です。内服薬や、目薬、点鼻薬は処方してもらえます。市販の鼻炎薬に関しては絶対ダメというわけではないのですが、成分によっては母乳に影響が出るものもあります。自分で判断せず、こちらも医師に相談するほうが安全・安心です。薬を使う場合には、授乳時間をあけるようにしてください。

市販の鼻炎薬でも漢方薬などは大丈夫な薬に分類されますが、効き目が弱いのが問題ですね。授乳中は赤ちゃん優先で、ちょっと我慢も必要になりそうです。そのため薬以外の方法も組み合わせて、少しでも症状が軽減される工夫をしてみてください。

花粉症対策のお茶や、効果があるといわれるヨーグルトなどの食事関連、また空気清浄機や花粉がつきにくい洋服など、花粉対策グッズも進化してバリエーションも増えているので、チェックしてみてくださいね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

インフルエンザに打ち勝つ免疫力

12月に入り初雪が降ったり寒い日が続いたりしてます。 ニュースでもインフルエンザが流行の兆しというの

記事を読む

no image

花粉症が起きるメカニズム

花粉症はどうして起きてしまうのか?花粉症が起きてしまうメカニズムについて調べてみました。 ●花粉症

記事を読む

no image

高血圧の治療薬「ディオバン」の改ざん

高血圧の治療薬が改ざんされていた事件、厚生労働省が告発に踏み切ったようですね。これって、かなり問題の

記事を読む

no image

血圧の正常値は?

下半身強化には、運動やストレッチが欠かせません。若年層なら激しい運動や負荷のある運動でもある程度の無

記事を読む

no image

風邪が長引くのは年のせい?

風邪をひいたり体調不良になると、なかなか治らない、長引いてるなぁと感じている方、それを年のせいにして

記事を読む

no image

ばい菌とウイルスと細菌の違いについて

最近、どうも気になって仕方がないことがあります。それは、ばい菌とウイルスと細菌ってどう違うんだろう?

記事を読む

no image

風邪薬を飲むタイミング

喉が痛くなったり腫れてきた時、咳やたんが出ている時、そして寒気や頭が痛い症状の時に、風邪を疑います。

記事を読む

no image

おしっこの悩みは男女で違う

介護している中で大変なのが、排泄です。排泄はうんちだけでなく、おしっこの問題も・・・。ところで、男性

記事を読む

no image

糖尿病の合併症について

健康を気にしている人なら誰でも知っている事だと思いますが、糖尿病はその病気自体が怖いのではなくて、糖

記事を読む

no image

低血圧の数値

めまい、立ちくらみ、頭痛、不眠症、倦怠感、動機、食欲不振など様々な症状の原因となるのが低血圧です。し

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

たけしの家庭の医学で紹介されたターメリック味噌の作り方と健康効果

毎回、欠かさず視聴している番組があります。 それは、たけしの家庭

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000

偽膜性声帯炎の症状や治療法は?絢香の名古屋公演が延期になるほどの疾患

歌手の絢香さんが1月13日と14日に予定されていた名古屋公演が「偽膜性

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の症状と予防法

劇症型溶血性レンサ球菌感染症という感染症について今回は取り上げてみたい

→もっと見る

PAGE TOP ↑