*

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まらず頭がぼーっとして、育児にも支障をきたしてしまいますね。赤ちゃんとのいつものお散歩もつらくなってしまいそう。でも花粉症対策の市販の鼻炎薬は、効き目が強いものが多そうで、授乳中に飲むのは心配ですよね。

どんな薬でも共通していえることですが、できれば病院で授乳中でもOKなお薬を処方してもらうのが安心です。内服薬や、目薬、点鼻薬は処方してもらえます。市販の鼻炎薬に関しては絶対ダメというわけではないのですが、成分によっては母乳に影響が出るものもあります。自分で判断せず、こちらも医師に相談するほうが安全・安心です。薬を使う場合には、授乳時間をあけるようにしてください。

市販の鼻炎薬でも漢方薬などは大丈夫な薬に分類されますが、効き目が弱いのが問題ですね。授乳中は赤ちゃん優先で、ちょっと我慢も必要になりそうです。そのため薬以外の方法も組み合わせて、少しでも症状が軽減される工夫をしてみてください。

花粉症対策のお茶や、効果があるといわれるヨーグルトなどの食事関連、また空気清浄機や花粉がつきにくい洋服など、花粉対策グッズも進化してバリエーションも増えているので、チェックしてみてくださいね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

心臓病の治療法

ポンプ機能によって前進に血液を送り出している心臓。心臓病にはいろいろな種類があり、それぞれ適切な治療

記事を読む

no image

高血圧の数値

血圧は循環器系の疾患に深く関係があります。心筋梗塞、狭心症、脳出血、脳卒中などの病気は高血圧の患者で

記事を読む

no image

レーシック手術の被害とは?

生活習慣病の予防とはちょっと違うかもしれませんが、目に関するニュースの中で紹介したいものがあります。

記事を読む

no image

中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男性がとくに弱まってくるのは、生

記事を読む

no image

高血圧の数値基準とは

高血圧であるかどうかは収縮期血圧と拡張期血圧の値から判定されます。収縮期血圧とは、俗に言う「血圧の上

記事を読む

no image

冬のお風呂で心筋梗塞?動脈硬化?入浴中に気をつけたいこと

冬場、自宅にいる時に気をつけたい事として、お風呂場での事故があります。お風呂場の事故というのは、転ん

記事を読む

no image

ばい菌とウイルスと細菌の違いについて

最近、どうも気になって仕方がないことがあります。それは、ばい菌とウイルスと細菌ってどう違うんだろう?

記事を読む

no image

メタボの特定健診

地元の自治体から発行されている健康手帳に、メタボについて色々と参考になる事柄があったのでここで紹介し

記事を読む

no image

血圧の正常値は?

下半身強化には、運動やストレッチが欠かせません。若年層なら激しい運動や負荷のある運動でもある程度の無

記事を読む

no image

2013年の先進医療の今

2013年もあと少し・・・2014年はどんな年になるのかなぁ? 話がいきなり変わりますが、2013

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートス

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショート

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑