*

スマホ老眼と本当の老眼を間違えないで

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

スマホの普及率はここ数年で更に増えているそうです。若者だけでなく高齢者もスマホ持っている人、本当に多いですよね。高齢者だと老眼の人が多いと思いますが、スマホのディスプレイは小さいので見にくくないのかなといつも心配になります。うちの父親は楽々フォンを使っていて文字や画面が大きいのですが、それでも「見えない」なんて言ってますが・・・。

ところで、このスマホですが、あまりにも無我夢中に成り過ぎている人いますよね。それと同時に、スマホ依存による様々なトラブルも急増しているようです。

今、「スマホ老眼」という言葉が流行っているそうです。

スマホ老眼とは何かを簡潔に説明しますと、いわゆる「スマホの見すぎて起こる眼精疲労」の事を指します。スマホ老眼は、目を酷使して疲れがどっとくる夕方以降に顕著にあらわれます。どんな症状が起きるかというと、モノがぼやけて見える、目がかすむなどのコレは老眼かな?と思わせる感じの症状です。

スマホ老眼になってしまうメカニズムは、毛様体筋が正しく機能しない事により目のピント調整が上手くいかないからです。

しかし、本当の老眼と違って治癒が難しいというわけではありません。スマホ老眼は、スマホをやめれば症状が少しずつ良くなってきます。でもスマホをやめれない?そういう方は、スマホをみる姿勢など対策一つで改善することができます。スマホ老眼になったとしても治らないわけでもないし、すでに老眼の人の症状を悪化させたり、老眼になる確率を上げるわけでもありません。

ただ、注意したい点が一つあります。それは、スマホが原因なのに加齢による老眼だと間違えてしまう危険性があることです。老眼だと思って、度数が強いコンタクトレンズや眼鏡などを作ってしまう事のないようにしたいですね。そうすると目に又、負担を掛けることになりますので。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

男性の基礎代謝量

基礎代謝量って皆さんご存知でしょうか。分かり易く言えば何もしないでじっとしているだけでも生命の一時の

記事を読む

no image

高血圧になるその原因とは

高血圧はとてもポピュラーな生活習慣病の一つですが、なんとその原因の90%は明確な原因が不明であると言

記事を読む

no image

仮性包茎は健康保険の適用外?

男性の下半身の悩みで多いといえば、包茎です。 包茎に悩む男性は、非常に多いですが、手術をすれば治る

記事を読む

no image

心臓病の治療法

ポンプ機能によって前進に血液を送り出している心臓。心臓病にはいろいろな種類があり、それぞれ適切な治療

記事を読む

no image

花粉症が起きるメカニズム

花粉症はどうして起きてしまうのか?花粉症が起きてしまうメカニズムについて調べてみました。 ●花粉症

記事を読む

no image

手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていました(笑) 忘れないようにき

記事を読む

no image

冬のお風呂で心筋梗塞?動脈硬化?入浴中に気をつけたいこと

冬場、自宅にいる時に気をつけたい事として、お風呂場での事故があります。お風呂場の事故というのは、転ん

記事を読む

no image

人食いバクテリアとはどんな恐ろしい病気なのか?

年末に「人食いバクテリア」が流行っているので注意するようにというニュースをみました。 病名を聞くと

記事を読む

no image

低血圧の原因は?

低血圧症には明確な数値基準がないため、血圧が低いからと言って誰もが頭痛、めまい、食欲不振などといった

記事を読む

no image

低血圧の数値

めまい、立ちくらみ、頭痛、不眠症、倦怠感、動機、食欲不振など様々な症状の原因となるのが低血圧です。し

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

視力回復するためのマッサージ方法と目の健康に良いこと

視力回復のマッサージ方法をインターネットで探してみました。 たく

サントリーの胡麻麦茶はペプチドがたっぷり入った高血圧予防に最適な飲料

高血圧は様々な病気を引き起こす原因になり脳出血やくも膜下出血、脳梗塞な

歩きやすい靴の特徴とは?靴擦れせず疲れないサイズと靴底の選び方

田舎に住んでいるので歩くより車で移動したりする方が多いのですが、たまに

眼鏡とコンタクトレンズはどっちがいい?それぞれのメリットとデメリットで比較

近視を回復する方法としては、「眼鏡」「コンタクトレンズ」「レーシック手

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 200

→もっと見る

PAGE TOP ↑