*

高血圧性心疾患とは

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , , ,

高血圧である状態が長年続くと、血液を送り出している心臓には大きな負担が掛かり続けることになります。そうなると心臓は負担が掛かっている部位の壁が徐々に厚くなり、柔軟性が失われてしまいます。これを高血圧性疾患といい、心臓に栄養を送る血管である冠状動脈網がすみずみまで行き渡らなくなったり、動脈硬化が進行してしまうなどして、心臓に十分な酸素や栄養が届かなくなってしまうのです。

高血圧性疾患は、初期の頃にはほとんど自覚症状が現れません。しかし、心臓のポンプ機能が少しずつ弱まるにつれ、足がむくんだり少し体を動かしただけで動悸がするようになります。そして更に症状が進むと胸膜空に水が溜まったり、不整脈が起きるようになり、大動脈弁不全や大動脈弁狭窄が起こってしまいます。また、心臓の血流が十分でなくなることから、狭心症や心筋梗塞になることもあります。

一度肥大してしまった心臓はなかなか元に戻ることはありません。症状が進行してしまうと完治することは極めて難しいと言えるでしょう。高血圧であると自覚のある人は、普段から意識して血圧を下げるよう、生活習慣を見直す必要があります。また、どうしても血圧が下がらない人は病院での診察を受け、継続的に血圧を下げる薬を処方してもらう必要があります。早い段階から少しずつ手を打っていくことが大切です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

アルコール依存症の症状

心の病気の種類について紹介しています。今回は、アルコール依存症についてです。どうしても心の病気という

記事を読む

no image

解熱剤は危険?インフルエンザ脳症

毎年、冬になるとインフルエンザが流行り出します。 患者は子供やお年寄りだけでなく、病院の院内感染も

記事を読む

no image

病院で便秘は治るのか?

便秘がひどくなると病院で診てもらう人がいます。しかし病院でできるのは、どうしても便秘で苦しいときに便

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男性がとくに弱まってくるのは、生

記事を読む

歯の銀行(ティースバンク)の全国の連携病院と費用

人は歯を何らかの原因で歯を失った場合、それを補うために人工的なものに頼るしかありませんでした。

記事を読む

no image

2013年の先進医療の今

2013年もあと少し・・・2014年はどんな年になるのかなぁ? 話がいきなり変わりますが、2013

記事を読む

no image

便秘薬の依存はこんなに怖い

便秘になるとすぐに便秘薬を使うという人がいます。だんだん便秘薬で便を出すというふうに移行する人が多く

記事を読む

no image

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まら

記事を読む

no image

便秘の原因とは?

便秘は万病の元という言い方をする人がいます。 それほど便秘はいいことがありません。 便秘の原因と

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートス

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショート

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑