*

高血圧の数値

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

血圧は循環器系の疾患に深く関係があります。心筋梗塞、狭心症、脳出血、脳卒中などの病気は高血圧の患者であればあるほど死亡率が高くなっており、30代から60代の患者では高血圧である人はそうでない人より18倍も死亡率が高くなっているというデータも出ています。

そもそも高血圧とは、どれくらいの数値からのことを指すのでしょうか。高血圧には4つの段階があり、数値が大きくなるにつれて危険度も増していきます。

まず正常高値血圧と分類されるの85mmHG?から139mmHgとされており、この段階では高血圧としては判断されず予備軍と見なされます。次に?度高血圧に分類されるのが90mmHgから159mmHgとされ、ここではまだ軽症の扱いとはなりますが、高血圧症と判断される数値です。そして?度高血圧とされるのが100mmHgから170mmHgであり、中等症となります。この数値にまでなってくると、循環器系疾患での死亡率が正常値の患者と比べ10倍まで高くなってしまいます。最後の段階が?度高血圧とされ、110mmHgから180mmHgとなっています。ここまで来ると危険度は一気に上がり、直ちに降圧薬治療を開始しなければならなくなります。

このように高血圧にも段階はありますが、軽症のうちに生活習慣を見直すことが最善策だと言えるでしょう。

ab

関連記事

no image

5月病はなぜ起きる?

5月に関係する病気「5月病」について解説したいと思います。5月病というのは、新年度に新しい環境に身を

記事を読む

no image

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まら

記事を読む

no image

子供のロコモ症候群の原因について

子供のロコモ症候群が流行っていると言いますが、実際に、ロコモ症候群とは一体なんなのでしょうか。 ロ

記事を読む

no image

わきがのチェックは耳垢でする

ホルモンバランスが乱れると、体臭や口臭がきつくなることがあります。加齢臭なども体の老化が原因ですが、

記事を読む

no image

男性の体脂肪率の適正値は?

前に「男性の基礎代謝」についての記事を書きましたが、今回は、体脂肪率について詳しく解説していきたいと

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

花粉症は治るのか?

つらい花粉症ですが、一度花粉症になったら治らないモノなのか?それとも治療をすれば完治するものかなのか

記事を読む

no image

仮性包茎は健康保険の適用外?

男性の下半身の悩みで多いといえば、包茎です。 包茎に悩む男性は、非常に多いですが、手術をすれば治る

記事を読む

no image

心臓病の種類

人間の生命活動には必要不可欠な心臓。心臓病にはいくつかの種類があります。 狭心症 運動不足の人が

記事を読む

no image

お腹にガスが溜まる

お腹にガスが溜まるときって多くの場合は便秘しているときではないでしょうか。 もちろん病気としてガス

記事を読む

ab

ab

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが

頻尿に効果的な生姜について

生姜は頻尿に良いとされている成分配合されています。特に最近研究されて判

九重親方(千代の富士)の死因 すい臓がんの怖さ

九重親方が61歳の若さで亡くなりました。 九重親方は、元横綱の千

no image
手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていま

no image
中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男

→もっと見る

PAGE TOP ↑