*

低血圧の数値

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , , ,

めまい、立ちくらみ、頭痛、不眠症、倦怠感、動機、食欲不振など様々な症状の原因となるのが低血圧です。しかし低血圧はそれ自体が病気として見なされるわけではなく、低血圧に伴う様々な症状の総称として使われています。そのため自律神経失調症や軽度のうつ病に当てはまる症状として、低血圧が見落とされるケースも多いそうです。

そして低血圧と診断される数値も、高血圧のように基準が決まっておらず血圧の正常値より著しく低下した場合とされているようです。基準は決まっていませんが、一般的には上の血圧数値が100mmHgを下回った場合や、日常生活に支障をきたすほどのめまいや吐き気、頭痛などの症状に悩まされている場合を低血圧と診断します。

血圧の正常値とされるのが下は80mmHgから上は125mmHgだと言われているので、最上値が100mmHgを下回るというのは体にかなりの負担がかかっていそうです。

また低血圧は貧血と間違われてしまう事も多いので、それによって治療法を間違えてしまう方もいるのではないでしょうか。貧血は鉄分を補うことで改善されますが、低血圧はそうではありません。 このようにはっきりと数値で基準が出されていないため、低血圧は発見が困難な場合が多い病気となっています。

見えない病気「低血圧」―その診断と治療

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

高血圧性心疾患とは

高血圧である状態が長年続くと、血液を送り出している心臓には大きな負担が掛かり続けることになります。そ

記事を読む

no image

熱中症の正しい予防法

今年の夏は暑かったですか? 例年に比べてそれほどではなかったと思いますが、それは今が冬だからでしょ

記事を読む

no image

2013年の先進医療の今

2013年もあと少し・・・2014年はどんな年になるのかなぁ? 話がいきなり変わりますが、2013

記事を読む

no image

手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていました(笑) 忘れないようにき

記事を読む

no image

血圧の正常値は?

下半身強化には、運動やストレッチが欠かせません。若年層なら激しい運動や負荷のある運動でもある程度の無

記事を読む

no image

5月病はなぜ起きる?

5月に関係する病気「5月病」について解説したいと思います。5月病というのは、新年度に新しい環境に身を

記事を読む

no image

便秘でお腹が張る

便秘でお腹が張るときは、その張りのほとんどはガスです。便が長く腸内にとどまっていることでガスが発生す

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男性がとくに弱まってくるのは、生

記事を読む

no image

男性の基礎代謝量

基礎代謝量って皆さんご存知でしょうか。分かり易く言えば何もしないでじっとしているだけでも生命の一時の

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑