*

2013年の先進医療の今

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

2013年もあと少し・・・2014年はどんな年になるのかなぁ?

話がいきなり変わりますが、2013年現時点での先進医療に関する話を書きたいと思います。先進医療というのは、厚生労働大臣が定めた高度な医療技術の事を指します。高度な医療技術という事で、当然ながら治療費も高額なイメージがありましたが、少し状況が変わってきているようです。

高額なイメージは、健康保険の対象外な事とがんのみの先進医療という印象が強かったからでしょうか?確かにがん治療は高額ですが、今はがん以外にも先進医療の仲間入りを果たした治療法がいくつか出てきたようです。

例えば、白内障の手術にも先進医療の治療法があります。白内障のふつうの手術は、勿論、健康保険の対象になっているので高額にはなりませんが、「多焦点眼内レンズ」という治療法の場合、先進医療になるので健康保険適用外になり約70万円もの自費負担になります。この場合、先進医療の保険に加入していれば、ほぼ全額自費負担0円で先進医療を受けられる事になります。

他の先進医療の費用としては、代表的なものにがん治療に使われる「重粒子線治療」や「陽子線治療」が300万円ぐらい。割と安い費用なのが「エキシマレーザー冠動脈形成術」や「超音波骨折治療法」が20万円台です。

先進医療は、民間や共済の保険で特約として付けられます。また医療保険の中には、基本保障+先進医療特約のみというシンプルで安い保険商品もあります。特約としては何百円とかかなり安いので、先進医療保険は加入しておいて損はないはずです。

ab

関連記事

no image

花粉症は完治するものなのか?

花粉症対策って本当に効果があるのでしょうか? 花粉症に効くと噂の「べにふうき緑茶」や「ヨーグルト」

記事を読む

no image

男のメタボ解消は簡単!?

もう少しで正月ですが、会社も休みに入りますが、気をつけたいのが正月太りです。 身体を動かさず寝て食

記事を読む

no image

高血圧の数値

血圧は循環器系の疾患に深く関係があります。心筋梗塞、狭心症、脳出血、脳卒中などの病気は高血圧の患者で

記事を読む

no image

ヒートショックに気をつけよう

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつ

記事を読む

no image

授乳中の風邪薬は大丈夫?

授乳中に風邪をひいた時、市販の風邪薬を飲むかどうかは、母乳に影響がありそうで気になるところですね。葛

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

メタボの特定健診

地元の自治体から発行されている健康手帳に、メタボについて色々と参考になる事柄があったのでここで紹介し

記事を読む

no image

仮性包茎は健康保険の適用外?

男性の下半身の悩みで多いといえば、包茎です。 包茎に悩む男性は、非常に多いですが、手術をすれば治る

記事を読む

no image

男性の体脂肪率の適正値は?

前に「男性の基礎代謝」についての記事を書きましたが、今回は、体脂肪率について詳しく解説していきたいと

記事を読む

no image

わきがのチェックは耳垢でする

ホルモンバランスが乱れると、体臭や口臭がきつくなることがあります。加齢臭なども体の老化が原因ですが、

記事を読む

ab

ab

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが

頻尿に効果的な生姜について

生姜は頻尿に良いとされている成分配合されています。特に最近研究されて判

九重親方(千代の富士)の死因 すい臓がんの怖さ

九重親方が61歳の若さで亡くなりました。 九重親方は、元横綱の千

no image
手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていま

no image
中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男

→もっと見る

PAGE TOP ↑