*

敗血症の症状と治療法

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

みなさんのまだ名前も知らない病気が多くあります。
敗血症って聞いたことがあるでしょうか・・・。

敗血症とは、臓器で細菌が増殖してその場所から血中に対して細菌が送り出される病気です。

全身が感染病に冒されます。

実際に、血中に細菌が侵入した状態を、 敗血症とは言わないようです。
敗血症とは、細菌が血液に侵入して、重症化してケースを言います。

敗血症の症状は、呼吸困難、意識障害と言ったものです。

肺炎でもないのに、呼吸困難に陥った場合、敗血症を疑うべきでしょう。
敗血症によって発熱、発疹が起こります。
血圧に異常が起こります。
体力の低下、白血球が減少します。
内臓の感染症が起こります。
その病気が起こった時、抗菌薬の投与します。
大量の輸液を行います。

内臓の機能不全を補うリスクを負っている病気なので、昇圧剤、降圧剤、インスリンと言ったものを投与します。

敗血症は、非常に恐い病気です。
ただし、緊急措置をうまく行えば、決して治療不可能な病気でもないことを理解していただきたいですね。

敗血症は、勝つことも出来る病気です。
敗血症は、決して血球の壊れる病気でもありません。
まず、みなさんにこの病気の正しい知識を身につけていただきたいです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

仮性包茎は健康保険の適用外?

男性の下半身の悩みで多いといえば、包茎です。 包茎に悩む男性は、非常に多いですが、手術をすれば治る

記事を読む

no image

ばい菌とウイルスと細菌の違いについて

最近、どうも気になって仕方がないことがあります。それは、ばい菌とウイルスと細菌ってどう違うんだろう?

記事を読む

no image

風邪予防に生薬で自然治癒力を高める

生薬というと何が思いつきますか? ウコンやカンゾウやケイヒ、ジオウやヤクモウソウやショウキョウ、ト

記事を読む

no image

2013年の先進医療の今

2013年もあと少し・・・2014年はどんな年になるのかなぁ? 話がいきなり変わりますが、2013

記事を読む

no image

高血圧の数値基準とは

高血圧であるかどうかは収縮期血圧と拡張期血圧の値から判定されます。収縮期血圧とは、俗に言う「血圧の上

記事を読む

no image

授乳中の風邪薬は大丈夫?

授乳中に風邪をひいた時、市販の風邪薬を飲むかどうかは、母乳に影響がありそうで気になるところですね。葛

記事を読む

no image

心臓病の治療法

ポンプ機能によって前進に血液を送り出している心臓。心臓病にはいろいろな種類があり、それぞれ適切な治療

記事を読む

no image

心臓病かどうかを自分でチェック

日本人の死因の中ではがんに続いて高い「心疾患」。心臓病の中には、初期には自覚症状が出ないものなどもあ

記事を読む

no image

男性の体脂肪率の適正値は?

前に「男性の基礎代謝」についての記事を書きましたが、今回は、体脂肪率について詳しく解説していきたいと

記事を読む

no image

花粉症が起きるメカニズム

花粉症はどうして起きてしまうのか?花粉症が起きてしまうメカニズムについて調べてみました。 ●花粉症

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

たけしの家庭の医学で紹介されたターメリック味噌の作り方と健康効果

毎回、欠かさず視聴している番組があります。 それは、たけしの家庭

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000

偽膜性声帯炎の症状や治療法は?絢香の名古屋公演が延期になるほどの疾患

歌手の絢香さんが1月13日と14日に予定されていた名古屋公演が「偽膜性

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の症状と予防法

劇症型溶血性レンサ球菌感染症という感染症について今回は取り上げてみたい

→もっと見る

PAGE TOP ↑