*

ヒートショックに気をつけよう

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつです。お風呂の効果は絶大ですが、しかし、寒くなる季節は、この入浴が命取りになるケースもあります。

とくに高齢者と生活習慣病を抱えている方は要注意です。

脱衣場で寒い中、服や下着を脱いで裸になる。そして、浴室でもお湯に入る前は、まだ裸・・・やっとお湯に入り、冬のあつ?いお湯はやっぱり最高とばかり、お風呂の設定温度を上げる。熱いお湯から今度はまた、裸のまま寒い脱衣所に行く。

お風呂場

お風呂に入る際、こんな感じの方が多いと思います。

これって凄く危険なんです。

急激な温度変化からあなたの体の中では、血圧が急上昇したり急低下をしたりします。このことをヒートショックと言います。ヒートショックによる事故は、高齢者や糖尿病、高血圧症などの生活習慣病の方がなりやすいのです。その他にも肥満の人や睡眠時無呼吸症候群の人も注意が必要です。

あと、熱いお湯が好きな人も気をつけて下さいね。

風呂場での事故は、交通事故よりも多く、とくに12月から1月が多いそうです。今年の冬は冷え込む日が多いので、しっかり対策を行いましょう。

対策としては、やっぱり浴室と脱衣所や居間との温度差を限りなく小さくすること。そのためには、オイルヒーターなども利用したいですね。その他、体をお湯につける場合は、足や手から少しずつ。あついお湯に全身つからないなど。ヒートショックの危険性が高い人は一番風呂を避けるなども良い方法だと思います。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

風邪薬を飲むタイミング

喉が痛くなったり腫れてきた時、咳やたんが出ている時、そして寒気や頭が痛い症状の時に、風邪を疑います。

記事を読む

スタージウェーバー症候群とは?治療できる病院や部位別の症状

本日は、スタージウェーバー症候群という病気について取り上げたいと思います。 スタージウェーバー

記事を読む

no image

熱中症の正しい予防法

今年の夏は暑かったですか? 例年に比べてそれほどではなかったと思いますが、それは今が冬だからでしょ

記事を読む

no image

高血圧性心疾患とは

高血圧である状態が長年続くと、血液を送り出している心臓には大きな負担が掛かり続けることになります。そ

記事を読む

微小血管狭心症は更年期女性に多い!予防法と治療法について

更年期を迎える女性にとって気になる病気の一つに微小血管狭心症があります。 本日は、微小血管狭心

記事を読む

no image

心臓病かどうかを自分でチェック

日本人の死因の中ではがんに続いて高い「心疾患」。心臓病の中には、初期には自覚症状が出ないものなどもあ

記事を読む

no image

授乳中の風邪薬は大丈夫?

授乳中に風邪をひいた時、市販の風邪薬を飲むかどうかは、母乳に影響がありそうで気になるところですね。葛

記事を読む

no image

首の寝違えの原因と治し方

首の寝違えが中々治らない・・・2日目。 昨日の朝、起きたら首が痛くてどうやら寝違えたようです。 寝

記事を読む

no image

男性の体脂肪率の適正値は?

前に「男性の基礎代謝」についての記事を書きましたが、今回は、体脂肪率について詳しく解説していきたいと

記事を読む

三宅アナが患った急性胆管炎の原因と症状をわかりやすく解説します

朝の情報番組のメインキャスターとして活躍していた三宅正治さんが、2017年の12月に休養を余儀なくさ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

サントリーの胡麻麦茶はペプチドがたっぷり入った高血圧予防に最適な飲料

高血圧は様々な病気を引き起こす原因になり脳出血やくも膜下出血、脳梗塞な

歩きやすい靴の特徴とは?靴擦れせず疲れないサイズと靴底の選び方

田舎に住んでいるので歩くより車で移動したりする方が多いのですが、たまに

眼鏡とコンタクトレンズはどっちがいい?それぞれのメリットとデメリットで比較

近視を回復する方法としては、「眼鏡」「コンタクトレンズ」「レーシック手

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 200

老人性認知症はアルツハイマー型脳血管性が殆ど!その症状と改善法について

高齢者になると患いやすい病気について引き続き紹介したいと思いますが、今

→もっと見る

PAGE TOP ↑