*

ヒートショックに気をつけよう

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつです。お風呂の効果は絶大ですが、しかし、寒くなる季節は、この入浴が命取りになるケースもあります。

とくに高齢者と生活習慣病を抱えている方は要注意です。

脱衣場で寒い中、服や下着を脱いで裸になる。そして、浴室でもお湯に入る前は、まだ裸・・・やっとお湯に入り、冬のあつ?いお湯はやっぱり最高とばかり、お風呂の設定温度を上げる。熱いお湯から今度はまた、裸のまま寒い脱衣所に行く。

お風呂場

お風呂に入る際、こんな感じの方が多いと思います。

これって凄く危険なんです。

急激な温度変化からあなたの体の中では、血圧が急上昇したり急低下をしたりします。このことをヒートショックと言います。ヒートショックによる事故は、高齢者や糖尿病、高血圧症などの生活習慣病の方がなりやすいのです。その他にも肥満の人や睡眠時無呼吸症候群の人も注意が必要です。

あと、熱いお湯が好きな人も気をつけて下さいね。

風呂場での事故は、交通事故よりも多く、とくに12月から1月が多いそうです。今年の冬は冷え込む日が多いので、しっかり対策を行いましょう。

対策としては、やっぱり浴室と脱衣所や居間との温度差を限りなく小さくすること。そのためには、オイルヒーターなども利用したいですね。その他、体をお湯につける場合は、足や手から少しずつ。あついお湯に全身つからないなど。ヒートショックの危険性が高い人は一番風呂を避けるなども良い方法だと思います。

ab

関連記事

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

心臓病の種類

人間の生命活動には必要不可欠な心臓。心臓病にはいくつかの種類があります。 狭心症 運動不足の人が

記事を読む

no image

ばい菌とウイルスと細菌の違いについて

最近、どうも気になって仕方がないことがあります。それは、ばい菌とウイルスと細菌ってどう違うんだろう?

記事を読む

no image

子供のロコモ症候群の原因について

子供のロコモ症候群が流行っていると言いますが、実際に、ロコモ症候群とは一体なんなのでしょうか。 ロ

記事を読む

no image

仮性包茎は健康保険の適用外?

男性の下半身の悩みで多いといえば、包茎です。 包茎に悩む男性は、非常に多いですが、手術をすれば治る

記事を読む

no image

高血圧の数値基準とは

高血圧であるかどうかは収縮期血圧と拡張期血圧の値から判定されます。収縮期血圧とは、俗に言う「血圧の上

記事を読む

no image

血圧の正常値は?

下半身強化には、運動やストレッチが欠かせません。若年層なら激しい運動や負荷のある運動でもある程度の無

記事を読む

no image

インフルエンザに打ち勝つ免疫力

12月に入り初雪が降ったり寒い日が続いたりしてます。 ニュースでもインフルエンザが流行の兆しというの

記事を読む

no image

花粉症は完治するものなのか?

花粉症対策って本当に効果があるのでしょうか? 花粉症に効くと噂の「べにふうき緑茶」や「ヨーグルト」

記事を読む

no image

花粉症は治るのか?

つらい花粉症ですが、一度花粉症になったら治らないモノなのか?それとも治療をすれば完治するものかなのか

記事を読む

ab

ab

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが

頻尿に効果的な生姜について

生姜は頻尿に良いとされている成分配合されています。特に最近研究されて判

九重親方(千代の富士)の死因 すい臓がんの怖さ

九重親方が61歳の若さで亡くなりました。 九重親方は、元横綱の千

no image
手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていま

no image
中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男

→もっと見る

PAGE TOP ↑