*

柿は医者いらずだが冷え症には良くない

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 健康のための食事法 , , ,

日本原産のフルーツで栄養価が高いと言えば柿が思い当たります。昔から「柿が赤くなれば医者が青くなる」ということわざがあるように、医者いらずのフルーツだと言われています。ビタミンA、Cが多く含まれていて、風邪の予防、二日酔い、咳止めなどにこうかがあります。柿の茶葉には熱を冷ます効果や止血作用もあり、中国の漢方でも胃潰瘍や鼻血の治療に使われていたため、柿のへたの部分はかなりの貴重品でした。

柿

柿には熱を冷ます効果がありますが、それは、体を冷やすというマイナス要因にもなってしまいます。柿のタンニンは鉄と結びつき貧血になります。そのため、血圧が高い人には効果のあるフルーツですが、貧血や、低血圧の人にはあまり向いていないフルーツだと言えます。

女性ホルモンのバランスを崩す原因に冷え症があります。なので、柿はあまりおすすめできないフルーツのひとつかもしれませんね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院食のレストランが流行中

遠方よりわざわざ食べに訪れる人が後を絶たないレストラン。それが実は病院のレストランだって聞くと少し驚

記事を読む

no image

糖尿病予防のための塩分の目安は?

現代人はライフスタイルの変化、食生活の変化と共に現代病とも言われている生活習慣病がとても身近な存在に

記事を読む

no image

意外と花粉症にいい働きをする碁石茶

以前、テレビ番組「主治医が見つかる診療所」を目にして花粉症の季節にすごく興味が湧くお話でした。 乳

記事を読む

no image

フルーツで一番抗酸化作用が高いブルーベリー

ブルーベリーの効能については随分前から取りざたされていて、今や健康に良いフルーツの代名詞となっていま

記事を読む

no image

高血圧に良い食べ物。そして特保も。

高血圧に良い食べ物とは、血液をサラサラにしたり、血栓を溶かす効果のある食品のことです。また、コレステ

記事を読む

no image

ビタミンCがいっぱいのキウイフルーツ

フルーツの効能といえば一番に思いつくのはビタミンCですよね。フルーツには野菜より多いビタミンCが含ま

記事を読む

no image

糖尿病患者の病院食

糖尿病患者さんが食べる病院食は特殊で糖質制限食と呼ばれており、主食(ご飯、パン、芋、麺)を抜きおかず

記事を読む

no image

薄味の調理法

薄味の料理は味気ないですが体に良いとして生活習慣病予防のために多くの方が取り入れています。 ですが

記事を読む

no image

カット野菜の危険は?

一見便利で手軽そうに見えるスーパーなどに売られているカット野菜。包丁やまな板を使う必要もなくそのまま

記事を読む

no image

花粉症には「べにふうき緑茶」

花粉症には「べにふうき緑茶」が良いというのは誰もが知っている事と思います。現在、市販されているべにふ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑