*

病院食は減塩なのに味付けが濃い!?

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 健康のための食事法 , , ,

病院食はかなり塩分を抑えているにもかかわらずしっかりと味がついているようなところもあり、「減塩してない?」と心配される方もおられます。

もちろん住む環境によって味付けには差がありますが、病院食は決められた量の調味料しか使用していません。外食で食べる料理の大半は毎日食べることを想定していませんので味は濃い目につくられています。ですので、病院食との調味料の使用量の差に苦労されている方も多くおられます。病院食は少しでも減塩した状態でも美味しく食べられるようにと様々な工夫がされていますので参考にしましょう。

まず病院食では旬の食材を使うことで素材の味を生かしています。だしに力を入れているというのも重要で、味付けの大半はこのだしをとる段階で決まってくるといっても間違いありません。味付けのバランスを偏らせるというのもテクニックとしてあります。全ての料理を薄味にしてしまうと全体的に味気ないものになりますが、一品にしっかり味をつけておくと他が薄味でも気にならなくなります。

病院食=味が薄いという印象をこれで変えることができます。減塩をすることで味が落ちるというのは今まで調味料に頼りすぎていて食材をよく見ていないということが考えられますので一度違った食材を使ってみると良いでしょう。

ab

関連記事

no image

野菜パウダーは青汁が苦手な人にもおすすめ

いま、健康や美容に野菜パウダーが人気あるみたいです。 随分前ですが、「あさチャン」でやってい

記事を読む

no image

フルーツで一番抗酸化作用が高いブルーベリー

ブルーベリーの効能については随分前から取りざたされていて、今や健康に良いフルーツの代名詞となっていま

記事を読む

no image

病院食の種類について

病院食は通常の外食で食べる様な食事とは異なり様々な理由によって入院している患者一人一人の病状に合わせ

記事を読む

no image

森のバター「アボカド」の効能

フルーツといわれるとちょっと不思議な気がしますが確かにフルーツなのが「アボカド」です。 栄養価がと

記事を読む

no image

病院食が美味しい理由 隠し味に八方だし

病院食って意外にだしが効いてて美味しいなと感じた事はありませんか。 実は病院食では八方だしというも

記事を読む

no image

糖尿病予防のための塩分の目安は?

現代人はライフスタイルの変化、食生活の変化と共に現代病とも言われている生活習慣病がとても身近な存在に

記事を読む

no image

高血圧を改善するためのレシピとは

高血圧を予防・改善するためには、食生活の見直しが最も効果的なのは言うまでもありません。塩分摂取量を抑

記事を読む

no image

減塩のコツ

日本人の塩分の摂り過ぎが近年問題になっています。厚生労働省による取り決めでは成人の男性で9g、成人の

記事を読む

no image

認知症にエゴマ油!調理方法を気をつけないと無意味

何度かテレビや雑誌などで取り上げられている認知症に効果が期待されるというエゴマ油。エゴマ油は、認知症

記事を読む

no image

生活習慣病にオススメのフルーツ「ラ・フランス」

秋に旬を迎えるフルーツといえば、ぶどうや梨や柿! その他、私の好物でもあるラ・フランス(洋ナシ)も

記事を読む

ab

ab

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが

頻尿に効果的な生姜について

生姜は頻尿に良いとされている成分配合されています。特に最近研究されて判

九重親方(千代の富士)の死因 すい臓がんの怖さ

九重親方が61歳の若さで亡くなりました。 九重親方は、元横綱の千

no image
手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていま

no image
中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男

→もっと見る

PAGE TOP ↑