*

血圧の正常値は?

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

下半身強化には、運動やストレッチが欠かせません。若年層なら激しい運動や負荷のある運動でもある程度の無理がききますが、高齢男性はそうはいきません。無理したあげく疲労が貯まり体調が悪くなったりするケースも多いです。

そこで、運動をする上で血圧や心拍数のチェックをするわけですが、ここでは、血圧について詳しく解説していきたいと思います。血圧のチェックは、高血圧を防ぎ、心筋梗塞や動脈硬化などの発症を予防する事ができます。

取りあえず、正常な血圧を知っておく必要があります。

血圧は年齢や合併症のある方などにより正常値は異なりますが、若年者や中年者の正常値としては80mmHgから120mmHgとされています。これは至適正値と呼ばれていて、男女関わりなくこの数値で血圧が収まっている人は正常であり、その後も高血圧になる確率が低いと言われています。この至適正値が、高齢者であれば85mmHgから135mmHg未満だとされていて、脳血管に障害のある方もそれに相当されるそうです。

そしてこの至適正値の次の段階が「正常値」と呼ばれていて、85mmHgから130mmHg未満とされていますが、正常値とはいえ至適正値よりは高血圧になる可能性が高くなってしまうようです。正常値、すなわち高血圧ではないということになりますが適正ではない、ということですね。

血圧は年齢や男女別によって平均値は様々ですが、正常値・適正値はそれによる区別がありません。自分の血圧が同年代の平均値より低いことによって必ずしも高血圧ではない、というわけではないので注意が必要です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

男のメタボ解消は簡単!?

もう少しで正月ですが、会社も休みに入りますが、気をつけたいのが正月太りです。 身体を動かさず寝て食

記事を読む

no image

ばい菌とウイルスと細菌の違いについて

最近、どうも気になって仕方がないことがあります。それは、ばい菌とウイルスと細菌ってどう違うんだろう?

記事を読む

no image

5月病はなぜ起きる?

5月に関係する病気「5月病」について解説したいと思います。5月病というのは、新年度に新しい環境に身を

記事を読む

no image

人食いバクテリアとはどんな恐ろしい病気なのか?

年末に「人食いバクテリア」が流行っているので注意するようにというニュースをみました。 病名を聞くと

記事を読む

no image

授乳中の風邪薬は大丈夫?

授乳中に風邪をひいた時、市販の風邪薬を飲むかどうかは、母乳に影響がありそうで気になるところですね。葛

記事を読む

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000人程がかかり3000人以上の人

記事を読む

no image

病院で便秘は治るのか?

便秘がひどくなると病院で診てもらう人がいます。しかし病院でできるのは、どうしても便秘で苦しいときに便

記事を読む

気管支サーモプラスティがある病院!治療法と保険適応の有無について

ぜんそくの発作で亡くなる患者さんは毎年全国で1500人近くもいます。 ぜんそくの発作が起こると

記事を読む

no image

花粉症と風邪の違い

花粉症の症状は風邪と似ています。「ん、風邪かなぁ?」と思っていたら熱が出ない。個人的には、花粉症と風

記事を読む

no image

高血圧性心疾患とは

高血圧である状態が長年続くと、血液を送り出している心臓には大きな負担が掛かり続けることになります。そ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートス

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショート

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑