*

血圧の正常値は?

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , ,

下半身強化には、運動やストレッチが欠かせません。若年層なら激しい運動や負荷のある運動でもある程度の無理がききますが、高齢男性はそうはいきません。無理したあげく疲労が貯まり体調が悪くなったりするケースも多いです。

そこで、運動をする上で血圧や心拍数のチェックをするわけですが、ここでは、血圧について詳しく解説していきたいと思います。血圧のチェックは、高血圧を防ぎ、心筋梗塞や動脈硬化などの発症を予防する事ができます。

取りあえず、正常な血圧を知っておく必要があります。

血圧は年齢や合併症のある方などにより正常値は異なりますが、若年者や中年者の正常値としては80mmHgから120mmHgとされています。これは至適正値と呼ばれていて、男女関わりなくこの数値で血圧が収まっている人は正常であり、その後も高血圧になる確率が低いと言われています。この至適正値が、高齢者であれば85mmHgから135mmHg未満だとされていて、脳血管に障害のある方もそれに相当されるそうです。

そしてこの至適正値の次の段階が「正常値」と呼ばれていて、85mmHgから130mmHg未満とされていますが、正常値とはいえ至適正値よりは高血圧になる可能性が高くなってしまうようです。正常値、すなわち高血圧ではないということになりますが適正ではない、ということですね。

血圧は年齢や男女別によって平均値は様々ですが、正常値・適正値はそれによる区別がありません。自分の血圧が同年代の平均値より低いことによって必ずしも高血圧ではない、というわけではないので注意が必要です。

ab

関連記事

no image

解熱剤は危険?インフルエンザ脳症

毎年、冬になるとインフルエンザが流行り出します。 患者は子供やお年寄りだけでなく、病院の院内感染も

記事を読む

no image

インフルエンザに打ち勝つ免疫力

12月に入り初雪が降ったり寒い日が続いたりしてます。 ニュースでもインフルエンザが流行の兆しというの

記事を読む

no image

ヒートショックに気をつけよう

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつ

記事を読む

no image

風邪薬を飲むタイミング

喉が痛くなったり腫れてきた時、咳やたんが出ている時、そして寒気や頭が痛い症状の時に、風邪を疑います。

記事を読む

no image

病院で便秘は治るのか?

便秘がひどくなると病院で診てもらう人がいます。しかし病院でできるのは、どうしても便秘で苦しいときに便

記事を読む

no image

アルコール依存症の症状

心の病気の種類について紹介しています。今回は、アルコール依存症についてです。どうしても心の病気という

記事を読む

no image

男性の体脂肪率の適正値は?

前に「男性の基礎代謝」についての記事を書きましたが、今回は、体脂肪率について詳しく解説していきたいと

記事を読む

no image

男性の基礎代謝量

基礎代謝量って皆さんご存知でしょうか。分かり易く言えば何もしないでじっとしているだけでも生命の一時の

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

花粉症は完治するものなのか?

花粉症対策って本当に効果があるのでしょうか? 花粉症に効くと噂の「べにふうき緑茶」や「ヨーグルト」

記事を読む

ab

ab

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが

頻尿に効果的な生姜について

生姜は頻尿に良いとされている成分配合されています。特に最近研究されて判

九重親方(千代の富士)の死因 すい臓がんの怖さ

九重親方が61歳の若さで亡くなりました。 九重親方は、元横綱の千

no image
手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていま

no image
中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男

→もっと見る

PAGE TOP ↑