*

メタボの特定健診

公開日: : 最終更新日:2016/12/20 病気の種類と予防法 , , ,

地元の自治体から発行されている健康手帳に、メタボについて色々と参考になる事柄があったのでここで紹介したいと思います。「特定健診」についてです。

特定健診は、年度内に40歳から75歳に達する人全員を対象に年1回実施される健康診断です。この検診は、メタボリックシンドロームやその予備軍をみつけて、保健指導をする事が目的です。

こういう特定健診があるのは知っていましたが、うちの親は受けたのだろうか?全員が対象らしいのですが、受けた気配がないような(汗)

健診で、メタボとその予備軍の危険因子の数に応じて、保健指導の内容がかわってきます。3段階に分けられ、危険因子がない人は、メタボについての情報提供のみが行われます。その他は、専門医による食生活などの直接的なアドバイスを貰えます。

メタボ検診の内容とは?

メタボリック検診とは生活習慣が原因となる糖尿病や高血圧、脂質異常症などを防ぐため、2008年からスタートした特定検診のことで、男女ともに40歳から74歳の人は原則として検診を受ける義務を負っています。この検診によってメタボリックシンドローム、またはその予備軍と診断された場合、管理栄養士や保健師による保健指導を受けることとなるのです。

メタボリック検診の項目には、以下のようなものがあります。まずは脂肪の量について。これは男性では腹囲90センチ、女性では80センチが基準となり、仮に腹囲が基準値以下であってもBMIが25以上であればアウトとなります。次に糖尿病になっていないかを判定するために血糖値を測ります、そして動脈硬化の診断のためにコレステロール値と中性脂肪の値を測定します。また、高血圧でないかを調べるために血圧を測り、喫煙習慣についてもチェックされます。

実際のメタボリック検診では、男性の約50%、女性の約30%が基準に引っかかっており、メタボリックもしくはメタボリック予備軍と判定されているようです。国としては2015年までに現在よりもこの数値を25%減らすことを目標としているようで、これを医療費の削減にも繋げたいと考えています。

ab

関連記事

no image

授乳中の風邪薬は大丈夫?

授乳中に風邪をひいた時、市販の風邪薬を飲むかどうかは、母乳に影響がありそうで気になるところですね。葛

記事を読む

no image

お腹にガスが溜まる

お腹にガスが溜まるときって多くの場合は便秘しているときではないでしょうか。 もちろん病気としてガス

記事を読む

no image

敗血症の症状と治療法

みなさんのまだ名前も知らない病気が多くあります。 敗血症って聞いたことがあるでしょうか・・・。

記事を読む

no image

高血圧の治療薬「ディオバン」の改ざん

高血圧の治療薬が改ざんされていた事件、厚生労働省が告発に踏み切ったようですね。これって、かなり問題の

記事を読む

no image

冬のお風呂で心筋梗塞?動脈硬化?入浴中に気をつけたいこと

冬場、自宅にいる時に気をつけたい事として、お風呂場での事故があります。お風呂場の事故というのは、転ん

記事を読む

no image

風邪予防に生薬で自然治癒力を高める

生薬というと何が思いつきますか? ウコンやカンゾウやケイヒ、ジオウやヤクモウソウやショウキョウ、ト

記事を読む

no image

中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男性がとくに弱まってくるのは、生

記事を読む

no image

高血圧の数値

血圧は循環器系の疾患に深く関係があります。心筋梗塞、狭心症、脳出血、脳卒中などの病気は高血圧の患者で

記事を読む

no image

高血圧の数値基準とは

高血圧であるかどうかは収縮期血圧と拡張期血圧の値から判定されます。収縮期血圧とは、俗に言う「血圧の上

記事を読む

no image

心臓病かどうかを自分でチェック

日本人の死因の中ではがんに続いて高い「心疾患」。心臓病の中には、初期には自覚症状が出ないものなどもあ

記事を読む

ab

ab

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが

頻尿に効果的な生姜について

生姜は頻尿に良いとされている成分配合されています。特に最近研究されて判

九重親方(千代の富士)の死因 すい臓がんの怖さ

九重親方が61歳の若さで亡くなりました。 九重親方は、元横綱の千

no image
手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていま

no image
中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男

→もっと見る

PAGE TOP ↑