*

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが、その中でも損失余命の食べ物があるということをご存知でしょうか。

損失余命の食べ物とは、その名の通り食べることで徐々に寿命が短くなる食べ物のことですが、どのくらい摂取するとどのくらい寿命が縮まるかというのはそれぞれ異なるとされています。

では、実際にどんな食べ物がそのリストに入っているのか詳しく考えてみましょう。

損失余命の食べ物について

まず、タバコ一本吸うことで寿命は12分縮むとされています。確かにタバコには有害物質が多く含まれているので仕方ないのかもしれません。タバコのパッケージには「あなたの健康を損なうリスクがあります」というようなことがかかれているので吸えば吸うほど寿命が縮まるのはふつうのことと言えるでしょう。

・・・あっ、タバコは食べ物と違いましたね(汗)

お酒も、少しの量であれば百薬の長として重宝されますが、それが大量となったり過剰摂取となると肝臓の働きを悪くして肝硬変となったり生活習慣病の発生リスクを挙げることにもつながります。しかし、損失余命の食べ物で不思議なのは、一般的に食べられているものでも寿命が縮まるとされているのです。

たとえば、ひじきの煮物の小鉢分の量を食べるとその寿命は58分縮むとされており、ひじきの炊き込みご飯は1杯分で30分寿命は短くなるとされています。

ひじきは鉄分も多く健康にも良いとされている食べ物で、子供のころ親に食べるようにうるさく言われたという人も老いると思われますが、ひじきには無機ヒ素の含まれる濃度が高く継続して食べていることで寿命を縮めるとされているのです。

その他にも、ウィンナーやハムなどの加工肉は大腸がんの発生リスクを挙げるとWHOで指摘されています。

ただ、摂取することで命を縮めるといっても人によって個人差があり、いくら白米を食べて寿命を縮めると言っても食べないわけにはいかないですし、コーヒーを飲み続けて長生きしている人も多くいますので、あまりとらわれることなくバランス良く食べていくことが、結果的に寿命を延ばすことにつながるのではないでしょうか。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

シモン茶が糖尿病改善に効果あり

シモン茶ってご存知ですか。 ブラジル原産のヒルガオ科のシモン芋の事で見た目は白っぽく不揃いなさつま

記事を読む

no image

便秘にならない食事

便秘は健康にも美容にも良くないことばかりです。もちろん便秘だからといって、薬に頼ることほど怖いことは

記事を読む

ロイテリ菌入りヨーグルトの効果とは?口臭や虫歯予防におすすめ

最近話題になっているのがロイテリ菌入りヨーグルトです。 ロイテリ菌入りヨーグルトには、どのよう

記事を読む

no image

高血圧に良い食べ物。そして特保も。

高血圧に良い食べ物とは、血液をサラサラにしたり、血栓を溶かす効果のある食品のことです。また、コレステ

記事を読む

no image

病院食は減塩なのに味付けが濃い!?

病院食はかなり塩分を抑えているにもかかわらずしっかりと味がついているようなところもあり、「減塩してな

記事を読む

no image

高血圧を下げるのにダークチョコレートがいいらしい

今朝の「はなまるマーケット」を観ていたら高血圧を下げるのにダークチョコレートが効果ありとやっていた。

記事を読む

no image

低血圧になる食べ物

低血圧症の原因となる食べ物として挙げられるのは、体を冷やす冷たい食べ物や糖分の多い食べ物です。これら

記事を読む

no image

花粉症に効く食べ物

花粉症に効く食べ物について。有名どころでは、ヨーグルトやべにふうきなどがあります。この他にも花粉症に

記事を読む

no image

カット野菜の危険は?

一見便利で手軽そうに見えるスーパーなどに売られているカット野菜。包丁やまな板を使う必要もなくそのまま

記事を読む

no image

即効性がありスポーツ選手も愛用するバナナ

一時期バナナダイエットなるものが流行ったことがありましたね。 その時はバナナがお店から消えてしまった

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートス

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショート

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑