*

スタージウェーバー症候群とは?治療できる病院や部位別の症状

本日は、スタージウェーバー症候群という病気について取り上げたいと思います。

スタージウェーバー症候群とは?

スタージウェーバー症候群とは、軟膜血管腫(脳の表面を織っている細かい血管)と顔面の赤い痣、眼圧の上昇が特徴とされている病気です。この病気は先天性、赤ちゃんの頃からのものが多いです。

てんかんや発達障害、運動麻痺や視力障害などの症状がありますが直接寿命にかかわるような病気ではないようです。顔面の痣やてんかんの発作で気づくことが多く、脳や皮膚、目の症状全てが発症するわけではなく、どれか一つでも診断されます。

スタージウェーバー症候群の発症率

年間に50,000人から100,000出生に1人に発症するといわれていて、日本だと1年間に10人から20人がかかっています。成人の患者を含めると約1,000人の人が発症していることになります。

スタージウェーバー症候群の原因

主な要因はわかってなく、生まれつきの病気ですが母親の妊娠中の感染や薬剤を使ったことなどは要因ではありません。

最近になって遺伝子異常が報告されていますが、まだ確定的な原因とは考えられていません。

スタージウェーバー症候群の症状と治療

神経だと脳の血液の循環が悪くなるため運動麻痺や片頭痛、てんかん発作などです。

てんかん発作は手足のぴくつきや痙攣のように目立つ症状以外に、動作が止まってぼーっとしているなどわかりにくいものもあります。一旦発作が起きると中々治まらなくなり重積を起こすこともあります。

他には循環不全で片頭痛が起きることもあります。

成人だと頭痛が起きることもあり、小児では機嫌が悪くなったり嘔吐などが起きても頭痛は起きないこともあります。

目では眼圧が上がるために視力や視野の障害が起きます。小児でも緑内障がおきることもあり、見えづらかったり眼球の大きさで左右に差があるときは小児眼科の診察を受けたほうがよいです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

気管支サーモプラスティがある病院!治療法と保険適応の有無について

ぜんそくの発作で亡くなる患者さんは毎年全国で1500人近くもいます。 ぜんそくの発作が起こると

記事を読む

no image

人食いバクテリアとはどんな恐ろしい病気なのか?

年末に「人食いバクテリア」が流行っているので注意するようにというニュースをみました。 病名を聞くと

記事を読む

no image

冬のお風呂で心筋梗塞?動脈硬化?入浴中に気をつけたいこと

冬場、自宅にいる時に気をつけたい事として、お風呂場での事故があります。お風呂場の事故というのは、転ん

記事を読む

歯の銀行(ティースバンク)の全国の連携病院と費用

人は歯を何らかの原因で歯を失った場合、それを補うために人工的なものに頼るしかありませんでした。

記事を読む

no image

風邪予防に生薬で自然治癒力を高める

生薬というと何が思いつきますか? ウコンやカンゾウやケイヒ、ジオウやヤクモウソウやショウキョウ、ト

記事を読む

no image

低血圧の原因は?

低血圧症には明確な数値基準がないため、血圧が低いからと言って誰もが頭痛、めまい、食欲不振などといった

記事を読む

no image

ヒートショックに気をつけよう

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつ

記事を読む

no image

風邪が長引くのは年のせい?

風邪をひいたり体調不良になると、なかなか治らない、長引いてるなぁと感じている方、それを年のせいにして

記事を読む

no image

男性の基礎代謝量

基礎代謝量って皆さんご存知でしょうか。分かり易く言えば何もしないでじっとしているだけでも生命の一時の

記事を読む

no image

高血圧性心疾患とは

高血圧である状態が長年続くと、血液を送り出している心臓には大きな負担が掛かり続けることになります。そ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

たけしの家庭の医学で紹介されたターメリック味噌の作り方と健康効果

毎回、欠かさず視聴している番組があります。 それは、たけしの家庭

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000

偽膜性声帯炎の症状や治療法は?絢香の名古屋公演が延期になるほどの疾患

歌手の絢香さんが1月13日と14日に予定されていた名古屋公演が「偽膜性

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の症状と予防法

劇症型溶血性レンサ球菌感染症という感染症について今回は取り上げてみたい

→もっと見る

PAGE TOP ↑