*

スタージウェーバー症候群とは?治療できる病院や部位別の症状

本日は、スタージウェーバー症候群という病気について取り上げたいと思います。

スタージウェーバー症候群とは?

スタージウェーバー症候群とは、軟膜血管腫(脳の表面を織っている細かい血管)と顔面の赤い痣、眼圧の上昇が特徴とされている病気です。この病気は先天性、赤ちゃんの頃からのものが多いです。

てんかんや発達障害、運動麻痺や視力障害などの症状がありますが直接寿命にかかわるような病気ではないようです。顔面の痣やてんかんの発作で気づくことが多く、脳や皮膚、目の症状全てが発症するわけではなく、どれか一つでも診断されます。

スタージウェーバー症候群の発症率

年間に50,000人から100,000出生に1人に発症するといわれていて、日本だと1年間に10人から20人がかかっています。成人の患者を含めると約1,000人の人が発症していることになります。

スタージウェーバー症候群の原因

主な要因はわかってなく、生まれつきの病気ですが母親の妊娠中の感染や薬剤を使ったことなどは要因ではありません。

最近になって遺伝子異常が報告されていますが、まだ確定的な原因とは考えられていません。

スタージウェーバー症候群の症状と治療

神経だと脳の血液の循環が悪くなるため運動麻痺や片頭痛、てんかん発作などです。

てんかん発作は手足のぴくつきや痙攣のように目立つ症状以外に、動作が止まってぼーっとしているなどわかりにくいものもあります。一旦発作が起きると中々治まらなくなり重積を起こすこともあります。

他には循環不全で片頭痛が起きることもあります。

成人だと頭痛が起きることもあり、小児では機嫌が悪くなったり嘔吐などが起きても頭痛は起きないこともあります。

目では眼圧が上がるために視力や視野の障害が起きます。小児でも緑内障がおきることもあり、見えづらかったり眼球の大きさで左右に差があるときは小児眼科の診察を受けたほうがよいです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

5月病はなぜ起きる?

5月に関係する病気「5月病」について解説したいと思います。5月病というのは、新年度に新しい環境に身を

記事を読む

no image

風邪薬を飲むタイミング

喉が痛くなったり腫れてきた時、咳やたんが出ている時、そして寒気や頭が痛い症状の時に、風邪を疑います。

記事を読む

no image

レーシック手術の被害とは?

生活習慣病の予防とはちょっと違うかもしれませんが、目に関するニュースの中で紹介したいものがあります。

記事を読む

no image

高血圧の数値基準とは

高血圧であるかどうかは収縮期血圧と拡張期血圧の値から判定されます。収縮期血圧とは、俗に言う「血圧の上

記事を読む

no image

カビ肺炎に注意!症状と治し方

家が原因で起こる病気というとハウスダストがありますが、この夏気をつけたいものにカビ肺炎があります。カ

記事を読む

no image

わきがのチェックは耳垢でする

ホルモンバランスが乱れると、体臭や口臭がきつくなることがあります。加齢臭なども体の老化が原因ですが、

記事を読む

微小血管狭心症は更年期女性に多い!予防法と治療法について

更年期を迎える女性にとって気になる病気の一つに微小血管狭心症があります。 本日は、微小血管狭心

記事を読む

no image

糖尿病の合併症について

健康を気にしている人なら誰でも知っている事だと思いますが、糖尿病はその病気自体が怖いのではなくて、糖

記事を読む

歯の銀行(ティースバンク)の全国の連携病院と費用

人は歯を何らかの原因で歯を失った場合、それを補うために人工的なものに頼るしかありませんでした。

記事を読む

no image

心臓病の種類

人間の生命活動には必要不可欠な心臓。心臓病にはいくつかの種類があります。 狭心症 運動不足の人が

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑