*

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の症状と予防法

劇症型溶血性レンサ球菌感染症という感染症について今回は取り上げてみたいと思います。

劇症型溶血性レンサ球菌感染症は、その名が示す通りレンサ球菌による感染症の事を言います。別名を「人食いバクテリア」とも呼ばれ、非常に怖い病気の一つでもあります。

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の症状

通常はレンサ球菌に感染しても無症候のケースが多く、咽頭炎や皮膚の感染症に留まることがほとんどです。

しかし、稀にですが細菌が存在しないといわれる血液、または、筋肉にレンサ球菌が侵入してしまうと、急激に症状が進む重篤な疾患に至ることがあるのです。

初期症状としては、発熱・悪寒等の風邪のような症状や、四肢の疼痛・腫脹、創部の発赤といった症状が現れます。

筋肉の周辺の組織を壊死させてしまうことから先述の通り「人食いバクテリア」と呼ばれます。

血圧低下や多臓器不全によるショック状態になってしまうと、発症してからほんの数十時間ぐらいで死亡することもあります。

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の予防法

主に飛沫感染や接触感染によって人から人へと感染する為、身近な人で発症した人がいる場合は、近くに行くことは避けて必ずうがいと手洗いをするという予防法が有効です。

感染症法では感染の蔓延を防止する為。医師は国に指定された感染症と診断した場合には最寄の保健所に届け出るように定められています。

様々な感染症の流行地域や時期等の発生動向が把握できるのはこのためです。

菌が血液に侵入してから数時間~数十時間の間に症状が急激に進行するのが特徴で、手足から感染するケースが多いです。

重症の場合には敗血症や臓器感染を引き起こすこともあり、手や足が腐ってしまい、感染部位を切断する手術が必要となることもあります。

そのため、手や足にできた傷口や血豆が短時間で急激に化膿・発熱する場合には、すぐに医療機関で診察を受けることが大切であると言えます。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

ばい菌とウイルスと細菌の違いについて

最近、どうも気になって仕方がないことがあります。それは、ばい菌とウイルスと細菌ってどう違うんだろう?

記事を読む

no image

花粉症が起きるメカニズム

花粉症はどうして起きてしまうのか?花粉症が起きてしまうメカニズムについて調べてみました。 ●花粉症

記事を読む

no image

糖尿病の合併症について

健康を気にしている人なら誰でも知っている事だと思いますが、糖尿病はその病気自体が怖いのではなくて、糖

記事を読む

no image

子供のロコモ症候群の原因について

子供のロコモ症候群が流行っていると言いますが、実際に、ロコモ症候群とは一体なんなのでしょうか。 ロ

記事を読む

no image

便秘の原因とは?

便秘は万病の元という言い方をする人がいます。 それほど便秘はいいことがありません。 便秘の原因と

記事を読む

no image

カビ肺炎に注意!症状と治し方

家が原因で起こる病気というとハウスダストがありますが、この夏気をつけたいものにカビ肺炎があります。カ

記事を読む

偽膜性声帯炎の症状や治療法は?絢香の名古屋公演が延期になるほどの疾患

歌手の絢香さんが1月13日と14日に予定されていた名古屋公演が「偽膜性声帯炎」に罹っているため延期さ

記事を読む

no image

花粉症は治るのか?

つらい花粉症ですが、一度花粉症になったら治らないモノなのか?それとも治療をすれば完治するものかなのか

記事を読む

歯の銀行(ティースバンク)の全国の連携病院と費用

人は歯を何らかの原因で歯を失った場合、それを補うために人工的なものに頼るしかありませんでした。

記事を読む

no image

敗血症の症状と治療法

みなさんのまだ名前も知らない病気が多くあります。 敗血症って聞いたことがあるでしょうか・・・。

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

たけしの家庭の医学で紹介されたターメリック味噌の作り方と健康効果

毎回、欠かさず視聴している番組があります。 それは、たけしの家庭

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000

偽膜性声帯炎の症状や治療法は?絢香の名古屋公演が延期になるほどの疾患

歌手の絢香さんが1月13日と14日に予定されていた名古屋公演が「偽膜性

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の症状と予防法

劇症型溶血性レンサ球菌感染症という感染症について今回は取り上げてみたい

→もっと見る

PAGE TOP ↑