*

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

公開日: : 介護保険について , ,

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人の声が所々で見聞きされます。

それに対して認知症予防となる方法がいくつも提唱されたり、発見される中で麻雀が効果的だという話もあります。

本当に麻雀は、認知症予防に一定の効果があるのでしょうか?

認知症に麻雀はおすすめ


画像引用先:photolibrary

ギャンブルや賭け事という悪いイメージもある麻雀ですが、全部で136牌を使って指や頭を使うゲームでもあるため、脳が活性化されて老人ぼけが進行しにくいと考えられているのです。

麻雀は4人で行うゲームのため、手や頭を使う以外にも言葉でコミュニケーションを取らなくてはいけません。

また、何も考えずに遊ぶのではなく、相手の裏をかいたり、手の内を読むといった複雑な思考が必要に高度なゲームであるため、脳に適度な刺激を与えてくれます。

認知症は脳の一部である前頭前野や頭頂連合野という部位が関係しており、若いうちは問題ありませんが、高齢になると適度に使用しなければ退化してしまい、症状の進行を早めてしまいます。

前頭前野は思考や創造性、作業記憶を司り、頭頂連合野は空間認識や運動知覚に関わる部位で、それぞれ人が活動をするのに重要な役割を持っています。

認知症予防を掲げる研究では、麻雀をしている人の脳がゲーム中に何度も活性化しているのを発見しており、効果は十分に期待できると結論付けられています。

実際に麻雀を趣味としている60歳以上の人々は意識もしっかりしており、脳年齢は実年齢よりも3歳若いという結果が出ているので、認知症予防を求めている人は麻雀を覚えてみるのも良いかもしれません。

私も麻雀やったことがなかったのですが、認知症に良いと聞き、これから覚えてみようかな?

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

認知症の行方不明者の捜索活動

少し前にテレビ番組で行方不明者の捜索特集をやっていました。 近年、増えている行方不明者は認知症の高齢

記事を読む

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別養護老人ホームを思ってしまいま

記事を読む

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。 その代表的なものにデイサ

記事を読む

横浜市で介護認定を受けるには?

高齢者や障害を持った方々が介護保険サービスを受けるには、まず「介護認定」というものを受けなくてはなり

記事を読む

no image

認知症 病院への連れて行き方

認知症を疑ってから病院に連れてくのは至難の業です。何しろ当の本人は自分が認知症だなんて思っていない訳

記事を読む

老人ホームの入所やトラブルの相談、介護保険制度のサービス利用に関する窓口について

介護、特に認知症に関する相談窓口はどこが適しているのかという記事を以前、書いたことがあります。⇒認知

記事を読む

no image

認知症の相談窓口は?

家族が認知症になったら相談するのは・・・多分、はじめは、家族内、そして親戚となっていくと思いますが、

記事を読む

介護保険は5番目の社会保険制度

介護保険制度の施行は、2000年4月1日。 日本国としては、5番目の社会保険制度となります。

記事を読む

家族の介護で会社を休んだら「介護休業給付金」を申請しよう

家族の介護で会社を長期で休む事になった場合、給付金が出ることを知っていますか?この制度を「介護休業給

記事を読む

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートステイ、老人保健施設、特別養護老

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートス

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショート

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑