*

たけしの家庭の医学で紹介されたターメリック味噌の作り方と健康効果

毎回、欠かさず視聴している番組があります。

それは、たけしの家庭の医学です!

年をとるとすごーく健康番組に興味が出てきますよね~。

たけしの家庭の医学は様々な健康情報を発信している番組ですが、中でも健康に興味のある人が注目する話題といえば認知症の予防といえます。

近年では、カレーに認知症予防効果があるとして話題になっており、カレーの中でも認知症予防に効果があるスパイスとしてあげられるのがターメリックです。

今回は、ターメリックと健康の話題をひとつ紹介しますね。

ターメリックの健康効果

ターメリックは二日酔いドリンクなどにも使われているウコンとも呼ばれるスパイスで、クルクミンという成分が入っておりこれが脳に良い結果をもたらします。

クルクミンが認知症を引き起こすアミロイドβという物質を除去するとともに、たまらなくしてくれると言う作用も期待できます。

しかし、いくらカレーが健康効果からといって毎日食べるわけにはいかないものです。

そのため、たけしの家庭の医学では毎日簡単にターメリックを摂取できるレシピを紹介しています。そのレシピが「ターメリック味噌」になります。

ターメリック味噌
画像提供先:photolibraryさま

ターメリック味噌の作り方

ターメリック味噌の作り方としては、まず鰹節20gを電子レンジにかけて600Wで1分〜1分半ほど加熱して手で細かくします。

次に細かくした鰹節と味噌100g、酒大さじ1と合わせます。その中にターメリック小さじ1とオリーブオイル大さじ1を入れてよく混ぜると完成です。

たったこれだけなので簡単ですよね♪

ターメリックは油によって溶ける性質があるため、オリーブオイルを混ぜることで吸収率が良くなります。

ラップの上に広げて形を長方形に整えたら、10回分程度に切り分けると小分けに保存すると便利です。

一塊をお椀に入れてお湯を注ぐだけで味噌汁を作れます。

他にもおじややおにぎり、ドレッシングにするなど様々な使い方ができますよ。

ab

スポンサーリンク

関連記事

寿命が短くなる損失余命の食べ物とは?ひじきや酒がリストに入ってる?

現在日本には世界中のありとあらゆる食べ物があふれているとされていますが、その中でも損失余命の食べ物が

記事を読む

no image

トクホのモニター募集 早いもの勝ち

トクホを御存じでしょうか? すっかり有名になりましたが、特定保健用食品と呼ばれるトクホのモニターを

記事を読む

no image

高血圧を改善するためのレシピとは

高血圧を予防・改善するためには、食生活の見直しが最も効果的なのは言うまでもありません。塩分摂取量を抑

記事を読む

no image

花粉症には「べにふうき緑茶」

花粉症には「べにふうき緑茶」が良いというのは誰もが知っている事と思います。現在、市販されているべにふ

記事を読む

no image

花粉症に甜茶シソエキスは効くのか?

ネットで評判のよかったオルビスの「甜茶シソエキス」という花粉症のサプリメントを検証してみました。

記事を読む

no image

認知症にエゴマ油!調理方法を気をつけないと無意味

何度かテレビや雑誌などで取り上げられている認知症に効果が期待されるというエゴマ油。エゴマ油は、認知症

記事を読む

no image

即効性がありスポーツ選手も愛用するバナナ

一時期バナナダイエットなるものが流行ったことがありましたね。 その時はバナナがお店から消えてしまった

記事を読む

no image

カイアポ芋の糖尿病予防効果

止血作用や血を綺麗にしてくれる効果が高いとしてブラジルで民間食療法として用いられてきたカイアポ芋は別

記事を読む

no image

病院食は減塩なのに味付けが濃い!?

病院食はかなり塩分を抑えているにもかかわらずしっかりと味がついているようなところもあり、「減塩してな

記事を読む

no image

低血圧になる食べ物

低血圧症の原因となる食べ物として挙げられるのは、体を冷やす冷たい食べ物や糖分の多い食べ物です。これら

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

皮膚科で急いで治療すべきイボは「尖圭コンジローマ」

最近、首筋に目立つとても小さなイボ(1~2㎜ぐらい)があるのですが、治

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

→もっと見る

PAGE TOP ↑