*

微小血管狭心症は更年期女性に多い!予防法と治療法について

更年期を迎える女性にとって気になる病気の一つに微小血管狭心症があります。

本日は、微小血管狭心症という病気について説明していきたいと思います。

更年期女性

微小血管狭心症とはどんな病気?

微小血管狭心症は、運動をしている最中だけではなく、安静のときや就寝しているときにもその症状が現れ、胸の痛みが起こります。

その痛みは、数分から1日続く場合もあり、顎や耳の後ろ、背部や肩のほかにも胃などの内臓にも痛みが生じます。

意外と知られていませんが、更年期女性特有の病気と思われるほど、更年期女性の10人に1人に見られます。

これは、微小血管狭心症が起こる原因が、女性ホルモンのエストロゲン減少によるものと考えられるからです。

エストロゲンには、心血管系の保護作用があり、それが減少することで微小血管の収縮高進や拡張不全が起こると考えられています。

微小血管狭心症の予防法

微小血管狭心症の発症を避けるには、血管内皮に障害をもたらす高血圧、脂質異常症、糖尿病、メタボリック症候群などにかからにように、適度な運動とバランスの摂れた食事で予防することです。

また、お酒の飲みすぎや喫煙をしないこと、ストレスをためないように心がけることです。

微小血管狭心症の治療法

微小血管狭心症は、心電図で判断しにくく、心臓カテーテル検査による冠動脈造影でもはっきり分からないことが多く、正しい診断がされないこともあります。

今は、研究的検査として心臓カテーテル検査よる冠血流予備能の測定や心負荷時の心筋から代謝される乳酸の測定などが行われています。

治療は、血管拡張作用のあるカルシウム拮抗薬が用いられます。中には、うつ病などに用いる漢方薬を用いる場合もあります。

微小血管狭心症は命に直接関わりませんが、胸などの痛みが長い時間続きますので、生活の質の低下を招くことになります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

人食いバクテリアとはどんな恐ろしい病気なのか?

年末に「人食いバクテリア」が流行っているので注意するようにというニュースをみました。 病名を聞くと

記事を読む

no image

高血圧の治療薬「ディオバン」の改ざん

高血圧の治療薬が改ざんされていた事件、厚生労働省が告発に踏み切ったようですね。これって、かなり問題の

記事を読む

スタージウェーバー症候群とは?治療できる病院や部位別の症状

本日は、スタージウェーバー症候群という病気について取り上げたいと思います。 スタージウェーバー

記事を読む

no image

中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男性がとくに弱まってくるのは、生

記事を読む

no image

高血圧の数値基準とは

高血圧であるかどうかは収縮期血圧と拡張期血圧の値から判定されます。収縮期血圧とは、俗に言う「血圧の上

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

心臓病の治療法

ポンプ機能によって前進に血液を送り出している心臓。心臓病にはいろいろな種類があり、それぞれ適切な治療

記事を読む

no image

心臓病の検査

心臓病にはいろいろな種類がありますが、心臓病を見つけたり、自分がどのような心臓病になっているのかを診

記事を読む

no image

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まら

記事を読む

no image

高血圧の症状って?

高血圧は、様々な病気を引き起こす原因となります。血圧が高い状態が長く続くと血管の内膜に小さな傷がつき

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

視力回復するためのマッサージ方法と目の健康に良いこと

視力回復のマッサージ方法をインターネットで探してみました。 たく

サントリーの胡麻麦茶はペプチドがたっぷり入った高血圧予防に最適な飲料

高血圧は様々な病気を引き起こす原因になり脳出血やくも膜下出血、脳梗塞な

歩きやすい靴の特徴とは?靴擦れせず疲れないサイズと靴底の選び方

田舎に住んでいるので歩くより車で移動したりする方が多いのですが、たまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑