*

微小血管狭心症は更年期女性に多い!予防法と治療法について

更年期を迎える女性にとって気になる病気の一つに微小血管狭心症があります。

本日は、微小血管狭心症という病気について説明していきたいと思います。

更年期女性

微小血管狭心症とはどんな病気?

微小血管狭心症は、運動をしている最中だけではなく、安静のときや就寝しているときにもその症状が現れ、胸の痛みが起こります。

その痛みは、数分から1日続く場合もあり、顎や耳の後ろ、背部や肩のほかにも胃などの内臓にも痛みが生じます。

意外と知られていませんが、更年期女性特有の病気と思われるほど、更年期女性の10人に1人に見られます。

これは、微小血管狭心症が起こる原因が、女性ホルモンのエストロゲン減少によるものと考えられるからです。

エストロゲンには、心血管系の保護作用があり、それが減少することで微小血管の収縮高進や拡張不全が起こると考えられています。

微小血管狭心症の予防法

微小血管狭心症の発症を避けるには、血管内皮に障害をもたらす高血圧、脂質異常症、糖尿病、メタボリック症候群などにかからにように、適度な運動とバランスの摂れた食事で予防することです。

また、お酒の飲みすぎや喫煙をしないこと、ストレスをためないように心がけることです。

微小血管狭心症の治療法

微小血管狭心症は、心電図で判断しにくく、心臓カテーテル検査による冠動脈造影でもはっきり分からないことが多く、正しい診断がされないこともあります。

今は、研究的検査として心臓カテーテル検査よる冠血流予備能の測定や心負荷時の心筋から代謝される乳酸の測定などが行われています。

治療は、血管拡張作用のあるカルシウム拮抗薬が用いられます。中には、うつ病などに用いる漢方薬を用いる場合もあります。

微小血管狭心症は命に直接関わりませんが、胸などの痛みが長い時間続きますので、生活の質の低下を招くことになります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

子供のロコモ症候群の原因について

子供のロコモ症候群が流行っていると言いますが、実際に、ロコモ症候群とは一体なんなのでしょうか。 ロ

記事を読む

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000人程がかかり3000人以上の人

記事を読む

no image

インフルエンザに打ち勝つ免疫力

12月に入り初雪が降ったり寒い日が続いたりしてます。 ニュースでもインフルエンザが流行の兆しというの

記事を読む

no image

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まら

記事を読む

no image

メタボの特定健診

地元の自治体から発行されている健康手帳に、メタボについて色々と参考になる事柄があったのでここで紹介し

記事を読む

スタージウェーバー症候群とは?治療できる病院や部位別の症状

本日は、スタージウェーバー症候群という病気について取り上げたいと思います。 スタージウェーバー

記事を読む

no image

花粉症が起きるメカニズム

花粉症はどうして起きてしまうのか?花粉症が起きてしまうメカニズムについて調べてみました。 ●花粉症

記事を読む

no image

高血圧の症状って?

高血圧は、様々な病気を引き起こす原因となります。血圧が高い状態が長く続くと血管の内膜に小さな傷がつき

記事を読む

no image

心臓病の種類

人間の生命活動には必要不可欠な心臓。心臓病にはいくつかの種類があります。 狭心症 運動不足の人が

記事を読む

no image

首の寝違えの原因と治し方

首の寝違えが中々治らない・・・2日目。 昨日の朝、起きたら首が痛くてどうやら寝違えたようです。 寝

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

微小血管狭心症は更年期女性に多い!予防法と治療法について

更年期を迎える女性にとって気になる病気の一つに微小血管狭心症があります

湯けむりドックは湯原温泉病院だけじゃない!全国の温泉+人間ドックの施設は?

人間ドックや健康診断を受けたいけど・・・あの病院や雰囲気が嫌だと言う方

たけしの家庭の医学で紹介されたターメリック味噌の作り方と健康効果

毎回、欠かさず視聴している番組があります。 それは、たけしの家庭

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000

→もっと見る

PAGE TOP ↑