*

微小血管狭心症は更年期女性に多い!予防法と治療法について

更年期を迎える女性にとって気になる病気の一つに微小血管狭心症があります。

本日は、微小血管狭心症という病気について説明していきたいと思います。

更年期女性

微小血管狭心症とはどんな病気?

微小血管狭心症は、運動をしている最中だけではなく、安静のときや就寝しているときにもその症状が現れ、胸の痛みが起こります。

その痛みは、数分から1日続く場合もあり、顎や耳の後ろ、背部や肩のほかにも胃などの内臓にも痛みが生じます。

意外と知られていませんが、更年期女性特有の病気と思われるほど、更年期女性の10人に1人に見られます。

これは、微小血管狭心症が起こる原因が、女性ホルモンのエストロゲン減少によるものと考えられるからです。

エストロゲンには、心血管系の保護作用があり、それが減少することで微小血管の収縮高進や拡張不全が起こると考えられています。

微小血管狭心症の予防法

微小血管狭心症の発症を避けるには、血管内皮に障害をもたらす高血圧、脂質異常症、糖尿病、メタボリック症候群などにかからにように、適度な運動とバランスの摂れた食事で予防することです。

また、お酒の飲みすぎや喫煙をしないこと、ストレスをためないように心がけることです。

微小血管狭心症の治療法

微小血管狭心症は、心電図で判断しにくく、心臓カテーテル検査による冠動脈造影でもはっきり分からないことが多く、正しい診断がされないこともあります。

今は、研究的検査として心臓カテーテル検査よる冠血流予備能の測定や心負荷時の心筋から代謝される乳酸の測定などが行われています。

治療は、血管拡張作用のあるカルシウム拮抗薬が用いられます。中には、うつ病などに用いる漢方薬を用いる場合もあります。

微小血管狭心症は命に直接関わりませんが、胸などの痛みが長い時間続きますので、生活の質の低下を招くことになります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

仮性包茎は健康保険の適用外?

男性の下半身の悩みで多いといえば、包茎です。 包茎に悩む男性は、非常に多いですが、手術をすれば治る

記事を読む

口腔がんの原因の多くは喫煙が関係している?症状や治療法、そして生存率は・・・

口腔がんは多くの人がかかっている病気です。 日本国内では7000人程がかかり3000人以上の人

記事を読む

no image

授乳中に市販の鼻炎薬は大丈夫?

花粉症のお母さんには厳しい花粉の季節やインフルエンザや風邪が蔓延する乾燥した季節はせきや鼻水が止まら

記事を読む

no image

わきがのチェックは耳垢でする

ホルモンバランスが乱れると、体臭や口臭がきつくなることがあります。加齢臭なども体の老化が原因ですが、

記事を読む

no image

敗血症の症状と治療法

みなさんのまだ名前も知らない病気が多くあります。 敗血症って聞いたことがあるでしょうか・・・。

記事を読む

no image

おしっこの悩みは男女で違う

介護している中で大変なのが、排泄です。排泄はうんちだけでなく、おしっこの問題も・・・。ところで、男性

記事を読む

気管支サーモプラスティがある病院!治療法と保険適応の有無について

ぜんそくの発作で亡くなる患者さんは毎年全国で1500人近くもいます。 ぜんそくの発作が起こると

記事を読む

no image

高血圧になるその原因とは

高血圧はとてもポピュラーな生活習慣病の一つですが、なんとその原因の90%は明確な原因が不明であると言

記事を読む

no image

血圧の正常値は?

下半身強化には、運動やストレッチが欠かせません。若年層なら激しい運動や負荷のある運動でもある程度の無

記事を読む

no image

ヒートショックに気をつけよう

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

皮膚科で急いで治療すべきイボは「尖圭コンジローマ」

最近、首筋に目立つとても小さなイボ(1~2㎜ぐらい)があるのですが、治

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

→もっと見る

PAGE TOP ↑