*

配偶者の居住権は立ち退きを迫られても居座ることができる法律?

相続や不動産の所有権などについては民法と呼ばれる法律で規定されています。

国の法制審議会での議論を経て、配偶者の保護などを柱とする抜本的な内容の改正がなされることになりました。

この改正において従来からの一般的な所有権とは別個に新設される権利として、配偶者の居住権が挙げられます。

今回は、この新設された配偶者の居住権について説明していきたいと思います。

配偶者

配偶者と居住権について

過去には収入が少なく困窮した妻に対して、離婚後も居住していたマイホームの使用継続を認めた判例などがありますが、今回は明確に法律上の権利として位置付けられるようになるところがポイントです。

新設される権利は、亡くなった人の配偶者だった人が、相続にともなって住み慣れたマイホームを失って生活ができなくなる事態を防ぐ目的を持つものです。

すなわち相続によって配偶者以外の第三者がマイホームの建物やその敷地の所有権を取得したとしても、配偶者だった人自身が亡くなるまで、その不動産からの立ち退きを要せず、そのまま継続して居住することが可能となります。

また、結婚から20年以上が経過している場合、配偶者から生前贈与を受けた不動産については、民法第903条第3項に規定されている持ち戻し免除の意思表示があったものと推定され、原則として遺産分割の対象からも除外されることになります。

これからの高齢社会の進展を見据えて、現実に合わせた法律の規定を整備することによって、老後の生活を安心して送れるようにしていることが、この改正における最大の眼目といえます。

新設された配偶者の居住権を分かりやすく例えると・・・。

再婚した夫婦のうち、夫の方が先に死んでしまい、血のつながらない義理の息子に「後妻はいますぐこの家を出ていけー!」と言われても立ち退かなくてもOKになるという法律ですかね?

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

被災地・宮城の犬の殺処分がゼロ

先日、TVで報じていたのですが、宮城県の犬の殺処分が、ゼロだったそうです。毎年沢山の犬猫たちが持ち込

記事を読む

no image

健康保険から葬式代を貰おう

今日は、高血圧の記事ではなく、寿命に関わる話・・・でもないかなぁ?死んだ後に貰えるお金について紹介し

記事を読む

no image

人間ドックの費用 助成金がでる?

雑誌を読んでいて、耳慣れない言葉を発見! それは、「人間ドック助成金」という制度です。医療制度だと

記事を読む

老人福祉法と老人ホームなど介護施設への入所措置について

高齢者の福祉に関する法律として、老人福祉法があります。 今日は老人福祉法について簡単ですが解説

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 200

老人性認知症はアルツハイマー型脳血管性が殆ど!その症状と改善法について

高齢者になると患いやすい病気について引き続き紹介したいと思いますが、今

高齢者の心の病気は認知症だけではない!老人性うつ病の原因と症状

高齢者になると様々な病気になりやすいです。これは、カラダだけでなく心の

加齢による老人性難聴は治すことができるのか?補聴器は絶対必要?

お年寄りは、テレビの音量や電話の話す声の大きさなどが高いです。

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

→もっと見る

PAGE TOP ↑