*

介護保険が使える老人ホームの種類は?施設見学でのチェックポイント

本日は、介護が必要な高齢者を自宅でみることが困難になった場合に利用する老人ホーム老人福祉施設について解説したいと思います。

老人ホームと言っても、目的別などに色々な種類があります。

介護保険が使えるか?民間の施設か?入所型の施設か?それとも訪問型の施設か?等々でも区分されます。ここでは、利用度の高い老人ホームを介護保険の利用可OR不可に分別してみました。

老人ホーム

介護保険が使える老人福祉施設

在宅介護型・・・デイサービス、ショートステイ
入所介護型・・・グループホーム、老人保健施設、特別養護老人ホームなど

介護保険が使えない老人福祉施設

入所介護型・・・ケアハウス、有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅など

ここで挙げた施設以外にも沢山の老人福祉・介護施設があります。

老人ホームの選び方

老人ホームや老人福祉施設を選ぶ際のポイントをいくつか紹介したいと思います。

老人ホーム選びで一番重要視したいのは、やはり見学する事だと思っています。一か所だけでなく様々な老人ホームを見学してみる事が大切です。

老人ホーム見学でチェックすべきところ!

  • 施設内の衛生面や雰囲気がいいかどうか
  • 利用者の表情や身だしなみ
  • 利用者の平均的な利用期間(長ければ長い程良い)
  • 施設スタッフの雰囲気や態度など
  • イベントやレクリエーションをよく行っているか
  • 老人ホームの介護の方針
  • 質問をしてみてマイナス点も教えてくれる(良い事ばかりいうのはNG)

そして、民間なら老人ホームを経営している会社が、異業種からの参入かどうかもチェックポイントです。そういう会社は、福祉サービスよりも利益を追い求める傾向にあるので注意が必要です。

また、新しく出来たばかりの施設の場合、施設が綺麗で良い面もありますが、費用が高い上に未経験者が多く介護に慣れていないスタッフが多いです。反対に古い施設の場合は、スタッフは経験豊富ですが、施設が古いです。どちらを選ぶかは?

それから、入所してからでないとわからない点もありますが、施設スタッフがコロコロかわるのもあまり良くないですね。それだけ、職場に問題があるという事です。

最後に、もうひとつ重要なことは、老人ホームの契約は慎重に行うことです。納得できない事があれば、しつこいくらい質問をしたり、うやむやにならないようにしましょう。特に、費用に関しては、追加が発生しないかもよく聞いておくことが大切です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別養護老人ホームを思ってしまいま

記事を読む

老人ホームの入所やトラブルの相談、介護保険制度のサービス利用に関する窓口について

介護、特に認知症に関する相談窓口はどこが適しているのかという記事を以前、書いたことがあります。⇒認知

記事を読む

no image

認知症の初期段階の接し方

認知症の初期段階では、物忘れが多くなったり、言動のつじつまが合わなかったりといった症状が見られますが

記事を読む

家族の介護で会社を休んだら「介護休業給付金」を申請しよう

家族の介護で会社を長期で休む事になった場合、給付金が出ることを知っていますか?この制度を「介護休業給

記事を読む

老人性認知症はアルツハイマー型脳血管性が殆ど!その症状と改善法について

高齢者になると患いやすい病気について引き続き紹介したいと思いますが、今日は老人性認知症について取り上

記事を読む

厚生労働省の介護認定基準

介護認定を受けるには認定審査を受け、認められないといけません。お住まいの地域の役所などに申請をするこ

記事を読む

no image

認知症 病院への連れて行き方

認知症を疑ってから病院に連れてくのは至難の業です。何しろ当の本人は自分が認知症だなんて思っていない訳

記事を読む

加齢による老人性難聴は治すことができるのか?補聴器は絶対必要?

お年寄りは、テレビの音量や電話の話す声の大きさなどが高いです。 これは、歳をとると耳が聞こえに

記事を読む

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートステイ、老人保健施設、特別養護老

記事を読む

no image

認知症の初期症状

高齢者に見られる症状の1つである認知症。しかし初期段階で発見するのは困難なことが多いのです。では認知

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑