*

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショートステイについて取り上げてみました。

デイサービスもショートステイも介護保険制度を利用できて低料金なのが魅力の一つです。この二つの違いは、日帰りか宿泊込みかです。

もう一つ介護保険制度のサービスを利用できる老人福祉施設があります。

それが、今回ご紹介するグループホームという施設です。

高齢者

グループホームとは?

高齢者のグループホームの正式名称は「認知症型共同生活介護」と言います。

正式名称が示す通り・・・グループホームは、入所介護型の老人福祉施設であり、認知症の高齢者が利用できます。

認知症の要介護状態(要支援2以上)の高齢者が、少人数で共同生活を送る施設と思って良いでしょう。

グループホームで共同生活を送る人数は、1ユニット9人程度です。

身の回りの世話は、介護職員がしてくれますが、同時に自分たちでも掃除や洗濯なども出来る範囲で参加していきます。これにより痴呆の進行を防ぐのを目的としています。

施設内では、一人に一つずつ部屋を与えられているようです。

クループホームに掛かる費用は?

グループホームの費用は、介護保険制度が利用できても結構掛かる印象です。

勿論、地域差もありますが、安いところでも月額6~8万程度。月額10~15万円が多いようです。

デイサービスともショートステイとも又、違った側面を持つグループホームですが、認知症の高齢者が利用できる施設という事で、ますます注目されていくと感じています。

ab

スポンサーリンク

関連記事

介護問題を今のうちから考える

介護の問題を考えてみよう。 まだ親が若いなら、介護の問題は他人事だと思います。ただ、やはり介護

記事を読む

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人の声が所々で見聞きされます。

記事を読む

no image

認知症の行方不明者の捜索活動

少し前にテレビ番組で行方不明者の捜索特集をやっていました。 近年、増えている行方不明者は認知症の高齢

記事を読む

no image

認知症の初期段階の接し方

認知症の初期段階では、物忘れが多くなったり、言動のつじつまが合わなかったりといった症状が見られますが

記事を読む

横浜市で介護認定を受けるには?

高齢者や障害を持った方々が介護保険サービスを受けるには、まず「介護認定」というものを受けなくてはなり

記事を読む

no image

認知症の初期症状

高齢者に見られる症状の1つである認知症。しかし初期段階で発見するのは困難なことが多いのです。では認知

記事を読む

厚生労働省の介護認定基準

介護認定を受けるには認定審査を受け、認められないといけません。お住まいの地域の役所などに申請をするこ

記事を読む

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別養護老人ホームを思ってしまいま

記事を読む

介護保険は5番目の社会保険制度

介護保険制度の施行は、2000年4月1日。 日本国としては、5番目の社会保険制度となります。

記事を読む

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。 その代表的なものにデイサ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートス

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショート

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑