*

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートステイ、老人保健施設、特別養護老人ホームなどをそれぞれ説明して来ました。

これらの介護施設は、要介護認定を受けていたり自分で身の回りの事をするのが困難な方達が対象です。

人からの手助けなくても何とか生活は出来るけど、高齢なので不安だという方におすすめなのが、ケアハウスだと思います。

ただし、残念なことに介護保険制度を利用できません。

お花見する老人たち

ケアハウスとは?

ケアハウスは、それほど介護を必要としない高齢者でも入居可能な老人福祉施設です。

健康で介護がそれ程必要でないお年寄りでも入居できる施設なので、一人暮らしが不安な高齢者などに需要があります。

食事付きの個室マンション型が多く、担当の相談員が付いているのも安心できる要素ですね。

60才以上になると入居できます。
(夫婦ならどちらかが60才超えていればOKです。)

ただ、ケアハウスの場合、自炊以外は自分で生活できる高齢者が対象なので、要介護状態になると退去しなくてはいけません。

入居の費用は、介護保険制度を利用できませんが、介護を必要としないので低価格です。安いところで、月額5万円程度、高いところでも月額15万円ぐらいです。立地場所や築年数などで相場が違ってきます。

ケアハウスは、持ち家がなく、一人暮らしの高齢者にとてもよい福祉施設だと思います。全国に沢山のケアハウスがあるので、身近なところを探しておくといいかもしれませんね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 2000年4月に介護保険法が制定され

記事を読む

厚生労働省の介護認定基準

介護認定を受けるには認定審査を受け、認められないといけません。お住まいの地域の役所などに申請をするこ

記事を読む

老人性認知症はアルツハイマー型脳血管性が殆ど!その症状と改善法について

高齢者になると患いやすい病気について引き続き紹介したいと思いますが、今日は老人性認知症について取り上

記事を読む

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。 その代表的なものにデイサ

記事を読む

高齢者の心の病気は認知症だけではない!老人性うつ病の原因と症状

高齢者になると様々な病気になりやすいです。これは、カラダだけでなく心の方もです。高齢者の心の病気とい

記事を読む

加齢による老人性難聴は治すことができるのか?補聴器は絶対必要?

お年寄りは、テレビの音量や電話の話す声の大きさなどが高いです。 これは、歳をとると耳が聞こえに

記事を読む

no image

認知症の初期段階の接し方

認知症の初期段階では、物忘れが多くなったり、言動のつじつまが合わなかったりといった症状が見られますが

記事を読む

老人ホームの入所やトラブルの相談、介護保険制度のサービス利用に関する窓口について

介護、特に認知症に関する相談窓口はどこが適しているのかという記事を以前、書いたことがあります。⇒認知

記事を読む

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別養護老人ホームを思ってしまいま

記事を読む

横浜市で介護認定を受けるには?

高齢者や障害を持った方々が介護保険サービスを受けるには、まず「介護認定」というものを受けなくてはなり

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑