*

高齢者の心の病気は認知症だけではない!老人性うつ病の原因と症状

高齢者になると様々な病気になりやすいです。これは、カラダだけでなく心の方もです。高齢者の心の病気というと認知症が有名ですが、それだけではありません。

高齢になると患いやすい病気ということで、老人性うつ病という心の病もあります。

老人性うつ病

老人性うつ病とは?

読んで字のごとく老人、高齢者のうつ病です。

うつ病は、年代性別問わずに発症する心の病ですが、高齢者のうつ病は、一見、認知症と間違われる事が多いです。

うつ病の症状である倦怠感や無気力感からくる「何もしたくない」状態などは、認知症の症状にもよく似ているためです。

老人性うつ病の原因は、様々ですが、同年代の知人や友人、そして配偶者などが亡くなり、話し相手がいなくなったり喪失感からくるものが多いとされています。

老人性うつ病の症状

症状は、「うつ病」そのものです。明らかに元気がなかったり、日常でも無気力感が漂い、何をしても楽しくない感じが伝わってきます。

また、不眠、食欲不振、倦怠感、情緒不安定、そして自殺願望、とくに「死にたい」などと口に出したら老人性うつ病の可能性が高いです。

老人性うつ病の改善方法

うつ病と同じですが、無理に励ましたりしない事です。

気分転換に外出をさせたり、旅行するのも人によっては、心身ともに負担になる事があります。

その人それぞれのタイプ、症状によっても、対処法は違ってきますので信頼できる医師に相談することが大切です。医師の指示に従い、薬をきちんと服用させて見守りましょう。

ab

スポンサーリンク

関連記事

介護保険は5番目の社会保険制度

介護保険制度の施行は、2000年4月1日。 日本国としては、5番目の社会保険制度となります。

記事を読む

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。 その代表的なものにデイサ

記事を読む

加齢による老人性難聴は治すことができるのか?補聴器は絶対必要?

お年寄りは、テレビの音量や電話の話す声の大きさなどが高いです。 これは、歳をとると耳が聞こえに

記事を読む

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別養護老人ホームを思ってしまいま

記事を読む

富士生命の「みんなの一時払介護保険」

知り合いのFPさんに勧められた生命保険会社の介護保険の商品。 加入するか迷ったのが富士生命の「みん

記事を読む

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人の声が所々で見聞きされます。

記事を読む

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショートステイについて取り上げてみまし

記事を読む

老人ホームの入所やトラブルの相談、介護保険制度のサービス利用に関する窓口について

介護、特に認知症に関する相談窓口はどこが適しているのかという記事を以前、書いたことがあります。⇒認知

記事を読む

no image

認知症の初期症状

高齢者に見られる症状の1つである認知症。しかし初期段階で発見するのは困難なことが多いのです。では認知

記事を読む

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 2000年4月に介護保険法が制定され

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑