*

老人性認知症はアルツハイマー型脳血管性が殆ど!その症状と改善法について

高齢者になると患いやすい病気について引き続き紹介したいと思いますが、今日は老人性認知症について取り上げたいと思います。

老人性認知症とは?

老人性認知症ですが、以前はこの名前ではなく違った呼び方で呼ばれていました。

しかしあまり良くない呼び方として使われなくなったため「認知症」の呼び方が一般的になっています。

近年での老人性認知症は、老年期になって、脳が変化・萎縮し、判断力・理解力・記憶力・計算力などの知的機能の低下や、性格の変化が起こり、日常生活や社会関係が保てなくなる状態のことを言います。

この老人性認知症については、アルツハイマー型脳血管性があります。

脳血管性認知症については、名前の通り、脳の血管障害である脳梗塞や脳出血によって起こる認知症のことですので、高齢者だけではなく若年者でも患う可能性があります。

この為、老人性認知症という場合は、一般的にアルツハイマー型認知症を指す場合が多くなっています。

老人性認知症の症状

被害妄想や幻覚、幻視が出現したり、暴言や暴力、徘徊、不潔行為などを行うこともあります。

脳血管性認知症の場合は、ある時点を境にいきなり悪化しますが、アルツハイマー型認知症の場合は、徐々に進行していくのが特徴です。

老人性認知症の改善

現在の医学では、老人性認知症を改善させることは非常に困難ですが、脳代謝改善薬を長期的に投与することで、脳の老化を少しでも遅らせて、障害の進行を遅らせる措置は取られています。

できるだけ初期段階で老人性認知症に気付いたい場合は、早急に病院を受診するようにしましょう。

ab

スポンサーリンク

関連記事

富士生命の「みんなの一時払介護保険」

知り合いのFPさんに勧められた生命保険会社の介護保険の商品。 加入するか迷ったのが富士生命の「みん

記事を読む

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 2000年4月に介護保険法が制定され

記事を読む

no image

認知症 病院への連れて行き方

認知症を疑ってから病院に連れてくのは至難の業です。何しろ当の本人は自分が認知症だなんて思っていない訳

記事を読む

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。 その代表的なものにデイサ

記事を読む

老人ホームの入所やトラブルの相談、介護保険制度のサービス利用に関する窓口について

介護、特に認知症に関する相談窓口はどこが適しているのかという記事を以前、書いたことがあります。⇒認知

記事を読む

高齢者の心の病気は認知症だけではない!老人性うつ病の原因と症状

高齢者になると様々な病気になりやすいです。これは、カラダだけでなく心の方もです。高齢者の心の病気とい

記事を読む

介護保険は5番目の社会保険制度

介護保険制度の施行は、2000年4月1日。 日本国としては、5番目の社会保険制度となります。

記事を読む

厚生労働省の介護認定基準

介護認定を受けるには認定審査を受け、認められないといけません。お住まいの地域の役所などに申請をするこ

記事を読む

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別養護老人ホームを思ってしまいま

記事を読む

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショートステイについて取り上げてみまし

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑