*

歩きやすい靴の特徴とは?靴擦れせず疲れないサイズと靴底の選び方

田舎に住んでいるので歩くより車で移動したりする方が多いのですが、たまに歩くとすぐに疲れてしまいます。

なるべく歩くように習慣付けしたいのですが、その前に歩きやすい靴が欲しいなぁと思ってます。

歩きやすい靴にはどのような特徴があるでしょうか?

スニーカー

歩きやすい靴の特徴について

歩きやすい靴の特徴、一つ目は軽いことです。

靴が重いと、疲れやすくなります。

ほんの数グラムの違いにように思えますが、軽いことで足の上げ下ろしを楽に行うことができます。

二つ目の歩きやすい靴の特徴は靴底が柔らかいことです。

この場合靴底とは靴の外側、地面に近い部分のことです。

歩くとき人の足は、地面を蹴り着地をします。足の裏がめくれるような動きをしており、そのためには靴底が柔らかいことが必要です。

靴底が固いと、足の裏をスムーズに動かすことができないため、ぎこちない動きになります。その結果歩きにくく、疲労の原因になってしまいます。

もちろん柔らかすぎても、歩きにくくなりますが、適度に柔らかい靴底が必要です。

三つ目の歩きやすい靴の特徴はサイズがあっていることです。

ほとんどの人は、靴がきついことを嫌がります。きついと足があたり、靴擦れができると思うからです。

そのため実際のサイズよりも大きい靴を履いている人は非常にたくさんいます。

しかし大きい靴は足が靴の中で泳いでしまい、スムーズに動かすことができません。

もちろんこうしたことに気が付いていないことがほとんどですから穿いたときに、ぴったりかちょっときついと思うくらいがちょうど良いと言えます。

足は夕方むくむことはほとんどの人が知っていますが、そのことを考えて大きいサイズの靴を履くことは賢明ではありません。

このように歩きやすい靴の特徴にかなう靴を選ぶなら、長時間歩いても疲れません。

ab

スポンサーリンク

関連記事

眼鏡とコンタクトレンズはどっちがいい?それぞれのメリットとデメリットで比較

近視を回復する方法としては、「眼鏡」「コンタクトレンズ」「レーシック手術」の3つが主流だと思います。

記事を読む

no image

ヘルスメーター 2014年のイチオシは?

健康管理のためにも一家に一台、ヘルスメーターを持っているのが理想です。最近、ヘルスメーターが壊れてし

記事を読む

no image

塗るマスクの「クリスタルヴェール」

「塗るマスク」のネーミングでおなじみの「クリスタルヴェール」についての商品説明と口コミ情報です。マス

記事を読む

no image

ダンフィルピローミーの枕

インターネット通販でダンフィルピローミーの枕というらものを発見しました。 ダンフィルピローミーとは

記事を読む

no image

花粉症の鼻水対策に「鼻セレブ」がいい?

花粉症になると鼻水をティッシュでかむと、鼻が赤くなったり、ヒリヒリしたり。そういうデリケートな鼻をや

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

視力回復するためのマッサージ方法と目の健康に良いこと

視力回復のマッサージ方法をインターネットで探してみました。 たく

サントリーの胡麻麦茶はペプチドがたっぷり入った高血圧予防に最適な飲料

高血圧は様々な病気を引き起こす原因になり脳出血やくも膜下出血、脳梗塞な

歩きやすい靴の特徴とは?靴擦れせず疲れないサイズと靴底の選び方

田舎に住んでいるので歩くより車で移動したりする方が多いのですが、たまに

眼鏡とコンタクトレンズはどっちがいい?それぞれのメリットとデメリットで比較

近視を回復する方法としては、「眼鏡」「コンタクトレンズ」「レーシック手

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 200

→もっと見る

PAGE TOP ↑