*

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。

身体活動量とは安静にしている時以外の活動のことで、運動や日常生活で動くことを合計すれば分かります。

1日に消費するエネルギーは基礎代謝量と食事誘発性熱産生、身体活動量の3つで構成されており、基礎代謝量は体格が大きい人ほど多くなります。

食事誘発性熱産生は食べた食事の量で増減するので、個人の生活がそれほど影響しません。よって1日のエネルギー消費を大きく左右するのが、身体活動量です。

これが運動不足や車での通勤が増えると、これが低下し健康に悪影響を与えます。1日の消費エネルギーが少なくなるため、肥満になりやすいです。

中性脂肪やコレステロール値が増えれば、動脈硬化のリスクが高まり脳梗塞や心筋梗塞の危険性があります。

ある研究では身体活動量が多い男女は、少ない男女と比べて死亡リスクが低くガンなどで早死する心配を軽減できることが分かりました。

いつもより歩数が1000歩少ない生活が続き、食生活を一切変えないと現在は健康である人も肥満になってしまいます。さらに閉塞性睡眠時無呼吸症候群の症状は、身体活動量が少ないほど悪化しやすいです。

歩数が少ないだけでは睡眠の質を低下させることにつながりませんが、身体活動量が減るだけで日中の眠気やうつ状態などが頻繁に現れやすいです。

子供もゲームやテレビの影響で身体活動が減っています。これらの報告を受けて最近ではスマートフォンのアプリやSNSを通して、1日の運動量を競い合うなどの対策が重要視されています。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

高齢男性のおすすめ運動

高齢者の身体つくりについて書いてみたいと思います。高齢男性が運動するにあたって気をつけたい事やおすす

記事を読む

有酸素運動のジョギングダイエットの効果と継続するコツとは?

私は、社会人になってから、不規則な生活とバランスの悪い食生活で、体重が10キロほど増加してしまいまし

記事を読む

視力回復するためのマッサージ方法と目の健康に良いこと

視力回復のマッサージ方法をインターネットで探してみました。 たくさんあって、どれが一番いいのか

記事を読む

no image

30代男性の体の鍛え方

女性はほとんどの人が年中ダイエットをしているようなものですが、男性にも筋肉のついた逞しい体を維持して

記事を読む

no image

50代男性が長く続けられる運動療法

50代の男性になると糖尿病に悩む方が多くなってきます。糖尿病は病院で処方された薬を飲んで改善していく

記事を読む

湯けむりドックは湯原温泉病院だけじゃない!全国の温泉+人間ドックの施設は?

人間ドックや健康診断を受けたいけど・・・あの病院や雰囲気が嫌だと言う方におすすめなのが湯けむりドック

記事を読む

no image

ハムストリングスに効く骨盤スクワット

ハムストリングスをご存じでしょうか? 下半身強化をしている方や日頃からスポーツをしている方なら誰で

記事を読む

no image

便通をよくする運動

便通をよくする運動というのもいろいろあります。まず全身運動で有酸素運動ということでウオーキングやジョ

記事を読む

no image

60代男性の足腰を強くする方法

60代になると男性も女性もなかなか運動をする機会が減ったり、年だから動けないという理由で運動に消極的

記事を読む

no image

ゴルフの下半身トレーニング

ゴルフ好きの男性であればどのようにすれば飛距離が伸びるのかと言う事が気になるかと思います。 初心者

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

自律神経失調症にならない一番の方法は?薬に頼らず症状を和らげる

自律神経失調症という病気を最近、よく耳にします。 自律神経が乱れ

有酸素運動のジョギングダイエットの効果と継続するコツとは?

私は、社会人になってから、不規則な生活とバランスの悪い食生活で、体重が

市販の下剤薬の種類は機械性下剤と刺激性下剤!便秘薬に迷ったら病院に相談しよう

冬になると便秘になりやすい私。 どうしても水分摂取が足りなくなっ

おすすめの介護資格や介護職のバイトと介護施設検索サイト

WEB上でみつけた介護関係のお役立ちサイトをいくつか紹介したいと思いま

皮膚科で急いで治療すべきイボは「尖圭コンジローマ」

最近、首筋に目立つとても小さなイボ(1~2㎜ぐらい)があるのですが、治

→もっと見る

PAGE TOP ↑