*

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。

身体活動量とは安静にしている時以外の活動のことで、運動や日常生活で動くことを合計すれば分かります。

1日に消費するエネルギーは基礎代謝量と食事誘発性熱産生、身体活動量の3つで構成されており、基礎代謝量は体格が大きい人ほど多くなります。

食事誘発性熱産生は食べた食事の量で増減するので、個人の生活がそれほど影響しません。よって1日のエネルギー消費を大きく左右するのが、身体活動量です。

これが運動不足や車での通勤が増えると、これが低下し健康に悪影響を与えます。1日の消費エネルギーが少なくなるため、肥満になりやすいです。

中性脂肪やコレステロール値が増えれば、動脈硬化のリスクが高まり脳梗塞や心筋梗塞の危険性があります。

ある研究では身体活動量が多い男女は、少ない男女と比べて死亡リスクが低くガンなどで早死する心配を軽減できることが分かりました。

いつもより歩数が1000歩少ない生活が続き、食生活を一切変えないと現在は健康である人も肥満になってしまいます。さらに閉塞性睡眠時無呼吸症候群の症状は、身体活動量が少ないほど悪化しやすいです。

歩数が少ないだけでは睡眠の質を低下させることにつながりませんが、身体活動量が減るだけで日中の眠気やうつ状態などが頻繁に現れやすいです。

子供もゲームやテレビの影響で身体活動が減っています。これらの報告を受けて最近ではスマートフォンのアプリやSNSを通して、1日の運動量を競い合うなどの対策が重要視されています。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

60代男性の足腰を強くする方法

60代になると男性も女性もなかなか運動をする機会が減ったり、年だから動けないという理由で運動に消極的

記事を読む

no image

高齢男性のおすすめ運動

高齢者の身体つくりについて書いてみたいと思います。高齢男性が運動するにあたって気をつけたい事やおすす

記事を読む

no image

ラジオ体操で膝痛の次は背中の痛み

日頃の運動不足と肥満の生活が祟り、普通の人なら難なくこなす事ができるラジオ体操でも筋肉痛?関節痛?が

記事を読む

no image

便通をよくする運動

便通をよくする運動というのもいろいろあります。まず全身運動で有酸素運動ということでウオーキングやジョ

記事を読む

no image

野球の下半身トレーニング

野球は腰が大変重要なスポーツでもあり腰の強化の為に安定した下半身を作り上げるトレーニングが何よりも重

記事を読む

no image

50代男性が長く続けられる運動療法

50代の男性になると糖尿病に悩む方が多くなってきます。糖尿病は病院で処方された薬を飲んで改善していく

記事を読む

no image

下半身トレーニングに効果がある器具は?

下半身を鍛える為に無理なく器具を使用して鍛えていく事も筋力アップへの近道です。ではどの様な器具は実際

記事を読む

no image

テニスの下半身トレーニング

テニスの上達を目指すのであれば体を鍛えなければいけない事は言うまでもありませんが肘のトレーニングは怪

記事を読む

no image

ゴルフの下半身トレーニング

ゴルフ好きの男性であればどのようにすれば飛距離が伸びるのかと言う事が気になるかと思います。 初心者

記事を読む

no image

ハムストリングスに効く骨盤スクワット

ハムストリングスをご存じでしょうか? 下半身強化をしている方や日頃からスポーツをしている方なら誰で

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑