*

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレートとボルトでもってしばらくの間固定することになるようです。

若い人の場合と一定以上の年配者の場合では、術後に若い人は固定して一定期間経つとその固定されたプレートやボルトは除去する場合も多いと言われていますが、年配者の場合にはそのままで残す場合も多いとされています。

チタン合金の強度は鉄の約10分の1とも言われ、リハビリを経て退院した後、このボルトが全部折れることもあると言われます。

その場合には医師側からは再手術を求められますが、その際には問題もあります。

麻酔を使用することや、体力が当時のままとは限らないこと、血糖値が高い場合には骨の固まる時期が延長するとも言われていること、ボルトの打ち込み場所によっては神経が下を通っていて打ち込めない場合も起こり得ること、穴の大きさによっては折れやすい状態にもなると考えられること、そしてこの再手術については医師側でも賛否両論の意見があります。

再手術を行わない場合の一番の問題点は、可動域がどの程度に納まるのかが問題となり、最小距離であることが求められますしその後の養生の仕方如何にもかかってきます。

就寝状態などで偽関節になる場合も考えられ、その場合にどういう処置や方法があるかも考えておかなければなりません。

超音波もそのメカニズムは判っていないものの骨の接着を早める効果を持つものとして知られ、例え1年半後に偽関節が判明したとしてもこの医療機器を使用することで効果を持つ場合もあるとされています。

もし薄いプレートや細いボルトが折れた場合に備えてどのような方法があるのか検討してみるのですが、やはり手術の際に骨と骨を瞬間接着剤のようなもので接着するのが手っ取り早いと考えられるものです。これには問題があるのかないのか検証する必要もありそうです。

接着剤そのものは人体に無害で時間と共に骨が固まり始めるに従って、接着剤の成分も消滅するように作ってくべきだと思われます。

医療においては手術の際や退院後のことも想定して、起こり得ることについて色々と考えておくべきです。

人は一様ではないので完治するまでの時期もそれぞれ違うはずですし、力を入れずに生活をするわけにも行かないのが普通です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

医療保険の保険料を掛け捨てにしたくない!「メディカルkit R」

入院給付金や手術給付金が受け取れる医療保険は、掛け捨てが多いです。医療保険を一度も使わなかったら掛け

記事を読む

怪我や病気に備える医療保障

生命保険は何らかの影響を受けてしまった事による不利益から身を守るために必要な物であるとされており、今

記事を読む

明治安田生命の「元気のミカタ」

充実した保障内容が魅力の「元気のミカタ」は、明治安田生命からラインナップされている終身型の入院保険で

記事を読む

椎間板ヘルニアのレーザー治療

PLDDと呼ばれている椎間板ヘルニアのレーザー治療は1993年に日本で初めて導入されたました。 P

記事を読む

三井住友海上あいおい生命「新医療保険α」

「新医療保険α」は、三井住友海上あいおい生命の保険商品です。この保険商品がオススメの方は、すでに医療

記事を読む

レーシックの手術は生命保険の適用になるのか?

視力回復に人気のあるレーシック手術ですが、リスクが問題視されています。レーシックのトラブルは、感染症

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑