*

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあります。

男性更年期障害の主な症状としては、うつ病や性欲機能減退などがあります。

これらの症状は、ちょっと疲れただけなどと見過ごされがちです。

更年期障害は、40代半ばから50代半ばに発症しますが、早ければ30代で発症するとされています。

更年期障害は、男性ホルモンであるテストステロンの減少が引き金とされています。

テストステロンの分泌量のピークは、20歳から30歳とされており、その後は、加齢とともに分泌量が低下していきます。分泌量には個人差があり、減り方も人によって異なります。

一般的には、女性のように急激に減ることはないとされていますが、個人差により減少スピードが速い人がいます。この場合は、更年期障害の症状が見られるとされています。

テストステロンの低下は、加齢が大きな原因ですが、ストレスも重大な原因となります。ストレスとホルモンの分泌量に関してはとても密接な関係がありますので・・・。

性ホルモンの分泌は、本能を司る大脳辺縁系です。

この大脳辺縁系は、理性や思考を司る大脳新皮質が働いている時には大脳辺縁系は休止状態となるため、ストレスがかかると大脳新皮質が酷使された状態となり、大脳辺縁系は休止状態になります。その結果、性ホルモンの分泌が妨げるようになります。

更年期障害の対策としては、ホルモン補充療法や薬物療法、スローセラピー、食事療法などがあります。

ホルモンの補充療法は、女性の場合の更年期障害と大体同じですが、補充するホルモンは、男性ホルモンになります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

メタボの特定健診

地元の自治体から発行されている健康手帳に、メタボについて色々と参考になる事柄があったのでここで紹介し

記事を読む

no image

心臓病の治療法

ポンプ機能によって前進に血液を送り出している心臓。心臓病にはいろいろな種類があり、それぞれ適切な治療

記事を読む

no image

風邪薬を飲むタイミング

喉が痛くなったり腫れてきた時、咳やたんが出ている時、そして寒気や頭が痛い症状の時に、風邪を疑います。

記事を読む

no image

花粉症と風邪の違い

花粉症の症状は風邪と似ています。「ん、風邪かなぁ?」と思っていたら熱が出ない。個人的には、花粉症と風

記事を読む

no image

風邪が長引くのは年のせい?

風邪をひいたり体調不良になると、なかなか治らない、長引いてるなぁと感じている方、それを年のせいにして

記事を読む

no image

男のメタボ解消は簡単!?

もう少しで正月ですが、会社も休みに入りますが、気をつけたいのが正月太りです。 身体を動かさず寝て食

記事を読む

no image

解熱剤は危険?インフルエンザ脳症

毎年、冬になるとインフルエンザが流行り出します。 患者は子供やお年寄りだけでなく、病院の院内感染も

記事を読む

no image

心臓病かどうかを自分でチェック

日本人の死因の中ではがんに続いて高い「心疾患」。心臓病の中には、初期には自覚症状が出ないものなどもあ

記事を読む

no image

男性の体脂肪率の適正値は?

前に「男性の基礎代謝」についての記事を書きましたが、今回は、体脂肪率について詳しく解説していきたいと

記事を読む

no image

手足や指先のしびれは病気が原因で起きる?

久しぶりの更新となってしまいました。長らくこのサイトの存在を忘れていました(笑) 忘れないようにき

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑