*

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあります。

男性更年期障害の主な症状としては、うつ病や性欲機能減退などがあります。

これらの症状は、ちょっと疲れただけなどと見過ごされがちです。

更年期障害は、40代半ばから50代半ばに発症しますが、早ければ30代で発症するとされています。

更年期障害は、男性ホルモンであるテストステロンの減少が引き金とされています。

テストステロンの分泌量のピークは、20歳から30歳とされており、その後は、加齢とともに分泌量が低下していきます。分泌量には個人差があり、減り方も人によって異なります。

一般的には、女性のように急激に減ることはないとされていますが、個人差により減少スピードが速い人がいます。この場合は、更年期障害の症状が見られるとされています。

テストステロンの低下は、加齢が大きな原因ですが、ストレスも重大な原因となります。ストレスとホルモンの分泌量に関してはとても密接な関係がありますので・・・。

性ホルモンの分泌は、本能を司る大脳辺縁系です。

この大脳辺縁系は、理性や思考を司る大脳新皮質が働いている時には大脳辺縁系は休止状態となるため、ストレスがかかると大脳新皮質が酷使された状態となり、大脳辺縁系は休止状態になります。その結果、性ホルモンの分泌が妨げるようになります。

更年期障害の対策としては、ホルモン補充療法や薬物療法、スローセラピー、食事療法などがあります。

ホルモンの補充療法は、女性の場合の更年期障害と大体同じですが、補充するホルモンは、男性ホルモンになります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

ヒートショックに気をつけよう

入浴は、心身ともにリラックス効果が高く、健康維持のためにもおすすめできる生活習慣病の改善方法のひとつ

記事を読む

no image

中高年男性の多くが患う前立腺肥大症と尿トラブル

加齢が進むにつれて、外見だけでなく体内の機能も弱まってきます。中高年男性がとくに弱まってくるのは、生

記事を読む

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか? 鼻炎ではないと思うので病院

記事を読む

no image

敗血症の症状と治療法

みなさんのまだ名前も知らない病気が多くあります。 敗血症って聞いたことがあるでしょうか・・・。

記事を読む

no image

心臓病の予防法

日本においては癌についで死因の2位となっている心臓病。心臓のポンプ機能が低下することによって、心筋梗

記事を読む

no image

低血圧の原因は?

低血圧症には明確な数値基準がないため、血圧が低いからと言って誰もが頭痛、めまい、食欲不振などといった

記事を読む

偽膜性声帯炎の症状や治療法は?絢香の名古屋公演が延期になるほどの疾患

歌手の絢香さんが1月13日と14日に予定されていた名古屋公演が「偽膜性声帯炎」に罹っているため延期さ

記事を読む

微小血管狭心症は更年期女性に多い!予防法と治療法について

更年期を迎える女性にとって気になる病気の一つに微小血管狭心症があります。 本日は、微小血管狭心

記事を読む

スタージウェーバー症候群とは?治療できる病院や部位別の症状

本日は、スタージウェーバー症候群という病気について取り上げたいと思います。 スタージウェーバー

記事を読む

no image

便秘薬の依存はこんなに怖い

便秘になるとすぐに便秘薬を使うという人がいます。だんだん便秘薬で便を出すというふうに移行する人が多く

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

皮膚科で急いで治療すべきイボは「尖圭コンジローマ」

最近、首筋に目立つとても小さなイボ(1~2㎜ぐらい)があるのですが、治

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

→もっと見る

PAGE TOP ↑