*

生活保護のある国

公開日: : 最終更新日:2016/03/23 保険で備える , ,

何かと話題の生活保護ですが、不正受給などが問題になっています。ところで、この生活保護制度というのは日本だけなのでしょうか?

勿論、他の国にも生活保護のような制度は存在します。欧米の先進国などです。日本と同様に不正受給をしている人も存在するようです。

しかし、この生活保護ですが、国民年金よりも高い設定になっているのは日本だけです。生活保護費が下がったと騒いでいるようですが、依然、生活保護の金額は、世界の中ではまだまだ、高水準なのです。生活保護費の問題は、誰のせい?国ですよね。

生活保護者が本当は働けるのに働く意志を削いだのも実は国にも問題があったのではないかと思います。そういう甘い制度にしてしまった事で、生活保護者から働く意志を奪ってしまったような気がします。

もちろんコレは、働けるのに働く意志のない人達に限ってです。

生活保護の制度自体は素晴らしいものだと思います。

ab

スポンサーリンク

関連記事

老後の資金 いくら必要か?

将来の年金、貰えないかも? 若年層の間では、ほとんどの人がそう思っているはず。 現在、公的

記事を読む

どういった生命保険に加入するのが良い?

収入を得ている人であれば加入すべき生命保険はやはり死亡保障でしょう。 何らかの大規模な事故に巻き込

記事を読む

民間の年金保険は加入して本当にお得なのか?

日本人のほとんどの方は、老後に国民年金や厚生年金を受給して日々を過ごす事になります。ところが、怪我や

記事を読む

生命保険にはやはり加入するべき?

何らかの事故が発生してしまった場合でも生命保険に加入さえしておけばある程度の補償を受ける事が可能とな

記事を読む

今、加入するべきではない!?養老保険

貯蓄型の生命保険というと、個人年金の他に終身保険、そして養老保険がありましたが、一昔前は、利率も高く

記事を読む

2025年問題と高齢化社会

もう数十年前から「高齢化社会」が間もなくやってくると言われています。というか、もう高齢化社会に入って

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑