*

厚生労働省の介護認定基準

公開日: : 最終更新日:2016/03/23 介護保険について , ,

介護認定を受けるには認定審査を受け、認められないといけません。お住まいの地域の役所などに申請をすることから始まりますが、そもそも介護認定はどのような基準で決められているのでしょうか。

介護認定基準は厚生労働省が定めており、疾病の重度ではなくある一定の行動をする場合にかかる時間を基準に決められています。その行動は5つに分類されていて、入浴・排泄・食事等の介護に当たる「直接生活介助」、洗濯などの家事を援助する「間接生活介助」、徘徊をする方の探索・不潔物後始末などの「問題行動関連介助」、歩行や日常動作の訓練を補助する「機能訓練関連行為」、そして輸液管理などの診療補助をする「医療関連行為」の5つに分けられます。

この5つの項目において要介護と認定される基準時間以上がかかるのであれば、介護認定の一次審査を通過することになります。要介護にも段階があり、32~50分は要介護1、50~70分は要介護2、70~90分は要介護3、90~110分は要介護4、110分以上は要介護5と判断されます。逆に25分未満であれば要支援としても認められないのです。一次審査通過後は二次として認定審査会が開かれることになり、そこで最終決定が下されることになります。

さらに40以上65歳未満で特定16疾患を患っている方も介護が必要だと認定された」場合、介護保険を受けることができるようになります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショートステイについて取り上げてみまし

記事を読む

富士生命の「みんなの一時払介護保険」

知り合いのFPさんに勧められた生命保険会社の介護保険の商品。 加入するか迷ったのが富士生命の「みん

記事を読む

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別養護老人ホームを思ってしまいま

記事を読む

介護保険が使える老人ホームの種類は?施設見学でのチェックポイント

本日は、介護が必要な高齢者を自宅でみることが困難になった場合に利用する老人ホームや老人福祉施設につい

記事を読む

老人ホームの入所やトラブルの相談、介護保険制度のサービス利用に関する窓口について

介護、特に認知症に関する相談窓口はどこが適しているのかという記事を以前、書いたことがあります。⇒認知

記事を読む

no image

認知症にならない生活習慣

認知症にならないために今からできる事は何か? よく聞くのが「何もしないと認知症になる」「定年退職後

記事を読む

公的介護保険と民間の介護保険の利用の仕方

国の介護保険制度だけで将来の介護への備えは十分なのか? 全然、十分じゃないです。 今回は

記事を読む

no image

認知症 病院への連れて行き方

認知症を疑ってから病院に連れてくのは至難の業です。何しろ当の本人は自分が認知症だなんて思っていない訳

記事を読む

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートステイ、老人保健施設、特別養護老

記事を読む

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人の声が所々で見聞きされます。

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症の原因と症状について!肌を乾燥させない事が唯一の改善方法?

歳をとると様々な病気になる可能性が高まります。 癌などメジャーな

介護は必要ないけど高齢なので不安!入居するならケアハウスがおすすめ

介護保険制度が利用できる施設という事で、過去にデイサービスやショートス

老人保健施設が特別養護老人ホームと化している現状と介護保険制度の利用

高齢者が入居する介護施設というと、どうしても終焉の場的な印象が強い特別

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショート

デイサービスとショートステイの違いは?介護保険制度の利用が出来て低料金

高齢者が利用できる福祉施設の中に、在宅介護型の老人ホームがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑