*

介護問題を今のうちから考える

公開日: : 最終更新日:2016/03/23 介護保険について , ,

介護の問題を考えてみよう。

まだ親が若いなら、介護の問題は他人事だと思います。ただ、やはり介護の問題は、誰でも避けて通れなくなるのではないかと思います。日本は、超高齢化社会に突入しますので・・・若いうちから真剣に考えておく必要があると思われます。

もし親の介護が必要になったら

選択しは、「自宅で介護する」「施設で介護する」のふたつしかありません。それぞれの問題点を挙げてみます。

自宅で介護する場合の問題点

家族の介護する時間が長くなり、自分の時間が持てなくなる。心身ともに疲れストレスを抱え込む可能性が高い。介護のため、仕事をやめたり転職して収入が減ってしまったという金銭的な問題も出てくる。介護する方の負担が増大

施設で介護する場合の問題点

家族の負担が少なくなるが、希望する介護施設にすぐに入所できない(特に特別養護老人ホーム)。すぐ入れる施設だと高額だったりする。金銭的な負担が増大

ab

スポンサーリンク

関連記事

公的介護保険と民間の介護保険の利用の仕方

国の介護保険制度だけで将来の介護への備えは十分なのか? 全然、十分じゃないです。 今回は

記事を読む

麻雀が認知症予防におすすめな理由!脳年齢が実年齢より何歳若返る?

いわゆる老人ボケと呼ばれる認知症は社会現象にまで発展し、介護に疲れた人の声が所々で見聞きされます。

記事を読む

no image

認知症にならない生活習慣

認知症にならないために今からできる事は何か? よく聞くのが「何もしないと認知症になる」「定年退職後

記事を読む

介護保険制度が制定されたいきさつと手続き方法について

あらためて、介護保険制度について書いてみたいと思います。 2000年4月に介護保険法が制定され

記事を読む

no image

認知症の初期段階の接し方

認知症の初期段階では、物忘れが多くなったり、言動のつじつまが合わなかったりといった症状が見られますが

記事を読む

no image

認知症の初期症状

高齢者に見られる症状の1つである認知症。しかし初期段階で発見するのは困難なことが多いのです。では認知

記事を読む

認知症の高齢者が入居する施設はグループホーム!介護保険制度が使える施設

在宅介護型の老人ホームという事で、前回の記事にてデイサービスとショートステイについて取り上げてみまし

記事を読む

no image

認知症 病院への連れて行き方

認知症を疑ってから病院に連れてくのは至難の業です。何しろ当の本人は自分が認知症だなんて思っていない訳

記事を読む

横浜市で介護認定を受けるには?

高齢者や障害を持った方々が介護保険サービスを受けるには、まず「介護認定」というものを受けなくてはなり

記事を読む

富士生命の「みんなの一時払介護保険」

知り合いのFPさんに勧められた生命保険会社の介護保険の商品。 加入するか迷ったのが富士生命の「みん

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレルギー鼻炎の市販薬「アレグラFX」

花粉症の季節でもないのに鼻の中がムズムズしてくる時がありませんか?

男性の更年期障害はホルモンの補充療法が対策のひとつ!テストステロンの分泌量

更年期障害というと女性特有の疾病の印象を持ちますが、実際は男性にもあり

骨折したときの医療の施術方法と再手術に関する問題点について

近代は骨折するとその部位の手術を行い、たいていの場合はチタン合金のプレ

身体活動量低下とは?肥満と動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の可能性

今回は、身体活動量について取り上げたいと思います。 身体活動量と

目の奥が痛い原因は外眼筋の疲労だった!蒸気アイマスクやビタミンの内服薬

前回の記事に引き続き目に関することを書いてみたいと思います。 私

→もっと見る

PAGE TOP ↑